僕の好きなライトノベル100選(10年代)

00年代よりも更に作品数が増えて、更に選ぶのが大変に。
天使様やエロマンガ先生やロクアカやダリヤや聖女の魔力みたいなアニメ化作品でもバッサバッサ切っていくのがきつかった。
最終的には当時の記憶や愛着などを優先……したんだけど、これで良かったのかは今でも悩ましい。
明日選んだら30作品くらい変わる可能性を感じる。
100作品なんかに絞り切れるわけがない……
なお、20年代はまだ半分も過ぎていないし、評価も定まっていない作品が多いので今回は選びません。読んでる数を考えれば100作品を選ぶだけなら簡単なんですけどね。
 
 
■僕の好きなライトノベル100選(10年代)
1. 月光 / 間宮夏生 / 電撃文庫 / 2010
2. 魔法科高校の劣等生 / 佐島勤 / 電撃文庫 / 2011
3. アイドライジング! / 広沢サカキ / 電撃文庫 / 2011
4. 斉藤アリスは有害です。 / 中維 / 電撃文庫 / 2012
5. 東池袋ストレイキャッツ / 杉井光 / 電撃文庫 / 2014
6. 野崎まど劇場 / 野崎まど / 電撃文庫 / 2015
7. 86―エイティシックス― / 安里アサト / 電撃文庫 / 2017
8. 読者と主人公と二人のこれから / 岬鷺宮 / 電撃文庫 / 2017
9. 花鳥風月シリーズ / 綾崎隼 / メディアワークス文庫 / 2010
10. 2 / 野崎まど / メディアワークス文庫 / 2012
11. レッドスワンサーガ / 綾崎隼 / 単行本、メディアワークス文庫 / 2015
12. 銀の河のガーディアン / 三浦良 / 富士見ファンタジア文庫 / 2010
13. スカイ・ワールド / 瀬尾つかさ / 富士見ファンタジア文庫 / 2012
14. 冴えない彼女の育てかた / 丸戸史明 / 富士見ファンタジア文庫 / 2012
15. 金色の文字使い / 十本スイ  / 富士見ファンタジア文庫 / 2014
16. ゲーマーズ! / 葵せきな / 富士見ファンタジア文庫 / 2015
17. お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。 / 凪木エコ / 富士見ファンタジア文庫 / 2018
18. ひとりぼっちのソユーズ 君と月と恋、ときどき猫のお話 / 七瀬夏扉 / 富士見L文庫 / 2017
19. 101番目の百物語 / サイトウケンジ / MF文庫J / 2010
20. 神明解ろーどぐらす / 比嘉 智康 / MF文庫J / 2010
21. ノーゲーム・ノーライフ / 榎宮祐 / MF文庫J / 2012
22. Re:ゼロから始める異世界生活 / 長月達平 / MF文庫J / 2014
23. 14歳とイラストレーター / むらさき ゆきや / MF文庫J / 2016
24. 銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。 / Y.A / MFブックス / 2016
25. 子ひつじは迷わない / 玩具堂 / 角川スニーカー文庫 / 2010
26. 丘ルトロジック / 耳目口司 / 角川スニーカー文庫 / 2010
27. 俺の教室にハルヒはいない / 新井輝 / 角川スニーカー文庫 / 2013
28. 自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う / 昼熊 / 角川スニーカー文庫 / 2016
29. スーパーカブ / トネ・コーケン / 角川スニーカー文庫 / 2017
30. 6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。 / 大澤めぐみ / 角川スニーカー文庫 / 2017
31. 継母の連れ子が元カノだった  / 紙城境介 / 角川スニーカー文庫 / 2018
32. 空色パンデミック / 本田誠 / ファミ通文庫 / 2010
33. 東雲侑子は短編小説をあいしている / 森橋ビンゴ / ファミ通文庫 / 2011
34. 魔王殺しと偽りの勇者 / 田代裕彦 / ファミ通文庫 / 2013
35. 下読み男子と投稿女子 ?優しい空が見た、内気な海の話。 / 野村美月 / ファミ通文庫 / 2015
36. キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った / 比嘉智康 / ファミ通文庫 / 2017
37. うちの居候が世界を掌握している! / 七条剛 / GA文庫 / 2012
38. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか / 大森藤ノ / GA文庫 / 2013
39. りゅうおうのおしごと! / 白鳥士郎 / GA文庫 / 2015
40. 前略。ねこと天使と同居はじめました。  / 緋月薙 / HJ文庫 / 2010
41. 精霊幻想記 / 北山結莉 / HJ文庫 / 2015
42. 不器用な天使の取扱説明書 / 黒木サトキ / HJ文庫 / 2015
43. 羽月莉音の帝国 / 至道流星 / ガガガ文庫 / 2010
44. 花咲けるエリアルフォース / 杉井光 / ガガガ文庫 / 2011
45. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。  / 渡航 / ガガガ文庫 / 2011
46. 脱兎リベンジ / 秀章  / ガガガ文庫 / 2011
47. ストライクフォール / 長谷敏司 / ガガガ文庫 / 2016
48. テルミー きみがやろうとしている事は / 滝川廉治 / スーパーダッシュ文庫 / 2010
49. 六花の勇者 / 山形石雄 / スーパーダッシュ文庫 / 2011
50. アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 / 榊一郎 / 講談社ラノベ文庫 / 2011
51. 魔法少女育成計画 / 遠藤浅蜊 / このライトノベルがすごい! 文庫 / 2012
52. アニソンの神様 / 大泉貴 / このライトノベルがすごい! 文庫 / 2012
53. きんいろ・カルテット!  / 遊歩新夢  / オーバーラップ文庫 / 2013
54. 浮遊学園のアリス&シャーリー / むらさきゆきや / オーバーラップ文庫 / 2013
55. ありふれた職業で世界最強 / 白米良 / オーバーラップ文庫 / 2015
56. ひとりぼっちの異世界攻略 / 五示正司 / オーバーラップ文庫 / 2018
57. とんでもスキルで異世界放浪メシ / 江口連  / オーバーラップノベルス / 2016
58. 宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する / すずの木くろ / モンスター文庫 / 2014
59. ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける  / 横塚司 / モンスター文庫 / 2014
60. 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 / 七月隆文 / 一迅社文庫 / 2011
61. ナイツ&マジック  / 天酒之瓢 / ヒーロー文庫 / 2013
62. 薬屋のひとりごと / 日向夏 / ヒーロー文庫 / 2014
63. 異世界食堂 / "  / 犬塚惇平 " / ヒーロー文庫 / 2015
64. サバゲにGO! はじめてのサバイバルゲーム / アサウラ / LINE文庫エッジ / 2019
65. シュガーアップル・フェアリーテイル / 三川みり  / 角川ビーンズ文庫 / 2010
66. 銀の竜騎士団 / 九月文 / 角川ビーンズ文庫 / 2011
67. 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました  / 永瀬さらさ / 角川ビーンズ文庫 / 2017
68. おこぼれ姫と円卓の騎士 / 石田リンネ / ビーズログ文庫 / 2012
69. 茉莉花官吏伝 / 石田リンネ / ビーズログ文庫 / 2017
70. 十三歳の誕生日、皇后になりました。  / 石田リンネ / ビーズログ文庫 / 2018
71. なんちゃってシンデレラ / 汐邑雛 / ビーズログ文庫 / 2016
72. 腐男子先生!!!!! / 瀧ことは / ビーズログ文庫アリス / 2017
73. 金星特急 / 嬉野君 / ウィングス文庫 / 2010
74. 「マリエル・クララック」シリーズ / 桃春花 / アイリスNEO / 2017
75. 蜘蛛ですが、なにか?  / 馬場翁 / カドカワBOOKS / 2015
76. ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり / 柳内たくみ / 単行本(アルファポリス) / 2010
77. 転生したらスライムだった件 / "  / 伏瀬" / GCノベルズ / 2014
78. 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です / 三嶋与夢 / GCノベルズ / 2018
79. 夜伽の国の月光姫 / 青野海鳥 / TOブックス / 2015
80. 本好きの下剋上 / 香月美夜 / TOブックス / 2015
81. 淡海乃海 水面が揺れる時 / イスラーフィール / TOブックス / 2017
82. くま クマ 熊 ベアー / くまなの / PASH!ブックス / 2015
83. 項羽と劉邦、あと田中 / 古寺谷雉 / PASH!ブックス / 2019
84. 戦国小町苦労譚 / 夾竹桃 / アース・スターノベル / 2016
85. 悪役令嬢後宮物語  / 涼風 / アリアンローズ / 2013
86. 転生王女は今日も旗を叩き折る / ビス / アリアンローズ / 2015
87. 信長の庶子 / "壬生一郎  / " / ヒストリアノベルズ / 2019
88. 星をさがして / 張間ミカ / トクマ・ノベルズEdge / 2010
89. 天久鷹央の推理カルテ / 知念実希人 / 新潮文庫nex / 2014
90. 小説の神様 / 相沢沙呼 / 講談社タイガ / 2016
91. 響け! ユーフォニアム  / 武田綾乃 / 宝島社文庫 / 2013
92. 君に恋をするなんて、ありえないはずだった / 筏田 かつら / 宝島社文庫 / 2017
93. 大日本サムライガール / 至道流星 / 星海社FICTIONS / 2012
94. ログ・ホライズン / 橙乃ままれ / 単行本(エンターブレイン) / 2011
95. 死神を食べた少女 / 七沢またり / 単行本(エンターブレイン) / 2012
96. この世界がゲームだと俺だけが知っている / ウスバー / 単行本(エンターブレイン) / 2013
97. 恋をしたら死ぬとか、つらたんです!  / みかみてれん / 単行本(エンターブレイン) / 2014
98. 異世界のんびり農家 / 内藤騎之介  / 単行本(エンターブレイン) / 2017
99. 異世界居酒屋「のぶ」 / 蝉川夏哉 / 単行本(宝島社) / 2014
100. 忘却探偵シリーズ / 西尾維新 / 単行本 / 2014

僕の好きなライトノベル100選(00年代)

やはりこの時代になると明確に作品数が増えてくる。
100作品に絞るために「この作品を切るのか……?」という作品がわんさか。
田村くんを残すためにとらドラを消したり、乙一作品群から何とか1作品抜き出してみたり、DクラあるからBBBの方を泣く泣く消したり。
100作品だと選びきれない……心を削っている……

 
 
■僕の好きなライトノベル100選(00年代)
1. 若草野球部狂想曲 / 一色銀河 / 電撃文庫 / 2000
2. 時空のクロス・ロード / 鷹見一幸 / 電撃文庫 / 2000
3. イリヤの空 / 秋山瑞人 / 電撃文庫 / 2001
4. 第61魔法分隊  / 伊都工平 / 電撃文庫 / 2001
5. ラスト・ビジョン / 海羽超史郎 / 電撃文庫 / 2001
6. スターシップ・オペレーターズ / 水野良 / 電撃文庫 / 2001
7. 悪魔のミカタ / うえお久光 / 電撃文庫 / 2002
8. Hyper Hybrid Organization / 高畑京一郎 / 電撃文庫 / 2002
9. 七姫物語 / 高野和 / 電撃文庫 / 2003
10. シャープ・エッジ / 坂入慎一 / 電撃文庫 / 2003
11. 空ノ鐘の響く惑星で / 渡瀬草一郎 / 電撃文庫 / 2003
12. とある魔術の禁書目録 / 鎌池和馬 / 電撃文庫 / 2004
13. ある日、爆弾がおちてきて / 古橋秀之 / 電撃文庫 / 2005
14. トリックスターズ  / 久住四季 / 電撃文庫 / 2005
15. ラジオガール・ウィズ・ジャミング / 深山森 / 電撃文庫 / 2006
16. 狼と香辛料 / 支倉凍砂 / 電撃文庫 / 2006
17. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない / 伏見つかさ / 電撃文庫 / 2008
18. 電波女と青春男 / 入間人間 / 電撃文庫 / 2009
19. ロウきゅーぶ! / 蒼山サグ / 電撃文庫 / 2009
20. 火目の巫女 / 杉井光 / 電撃文庫 / 2006
21. さよならピアノソナタ / 杉井光 / 電撃文庫 / 2007
22. わたしたちの田村くん / 竹宮ゆゆこ / 電撃文庫 / 2005
23. ロミオの災難 / 来楽零 / 電撃文庫 / 2008
24. ほうかご百物語 / 峰守ひろかず / 電撃文庫 / 2008
25. ソードアート・オンライン / 川原礫 / 電撃文庫 / 2009
26. 紫色のクオリア / うえお久光 / 電撃文庫 / 2009
27. 「高機動幻想ガンパレード・マーチ」シリーズ / 榊涼介 他 / 電撃ゲーム文庫 / 2000
28. シアター / 有川浩 / メディアワークス文庫 / 2009
29. [映]アムリタ / 野崎まど / メディアワークス文庫 / 2009
30. 空の中 / 有川浩 / 単行本(メディアワークス) / 2004
31. シフト / うえお久光 / 単行本(メディアワークス) / 2008
32. 「レディ・ガンナー」シリーズ / 茅田砂胡 / 角川スニーカー文庫 / 2000
33. さみしさの周波数 / 乙一 / 角川スニーカー文庫 / 2003
34. 戦略拠点32098 楽園 / 長谷敏司 / 角川スニーカー文庫 / 2001
35. ディバイデッド・フロント / 高瀬彼方 / 角川スニーカー文庫 / 2003
36. マテリアル・クライシス / 仁木健 / 角川スニーカー文庫 / 2003
37. 「涼宮ハルヒ」シリーズ / 谷川流 / 角川スニーカー文庫 / 2003
38. 円環少女 / 長谷敏司 / 角川スニーカー文庫 / 2005
39. ポケロリ / 竹井10日 / 角川スニーカー文庫 / 2005
40. 〈古典部〉シリーズ / 米澤穂信 / 角川スニーカー文庫〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉 / 2001
41. A君 (17) の戦争 / 豪屋大介 / 富士見ファンタジア文庫 / 2001
42. EMEシリーズ / 瀧川武司 / 富士見ファンタジア文庫 / 2002
43. 12月のベロニカ  / 貴子潤一郎 / 富士見ファンタジア文庫 / 2003
44. カオス レギオン / 冲方丁 / 富士見ファンタジア文庫 / 2003
45. 抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 / 三浦良 / 富士見ファンタジア文庫 / 2006
46. 銀月のソルトレージュ / 枯野瑛 / 富士見ファンタジア文庫 / 2006
47. クジラのソラ / 瀬尾つかさ / 富士見ファンタジア文庫 / 2006
48. 黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで / 細音啓 / 富士見ファンタジア文庫 / 2007
49. ハイスクールD×D / 石踏一榮 / 富士見ファンタジア文庫 / 2008
50. 生徒会シリーズ / 葵せきな / 富士見ファンタジア文庫 / 2008
51. 蒼穹のカルマ / 橘公司 / 富士見ファンタジア文庫 / 2009
52. 「シュピーゲル」シリーズ / 冲方丁 / 富士見ファンタジア文庫角川スニーカー文庫 / 2007
53. Dクラッカーズ / あざの耕平 / 富士見ミステリー文庫 / 2000
54. GOSICK -ゴシック- / 桜庭一樹 / 富士見ミステリー文庫 / 2003
55. タクティカル・ジャッジメント / 師走トオル / 富士見ミステリー文庫 / 2003
56. さよならトロイメライ / 壱乗寺かるた / 富士見ミステリー文庫 / 2004
57. 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet / 桜庭一樹 / 富士見ミステリー文庫 / 2004
58. SHI-NO ―シノ― / 上月雨音 / 富士見ミステリー文庫 / 2006
59. 幽霊列車とこんぺい糖 / 木ノ歌詠 / 富士見ミステリー文庫 / 2007
60. ALL YOU NEED IS KILL / 桜坂洋 / スーパーダッシュ文庫 / 2004
61. 電波的な彼女 / 片山憲太郎 / スーパーダッシュ文庫 / 2004
62. 銀盤カレイドスコープ / 海原零 / スーパーダッシュ文庫 / 2003
63. 戦う司書シリーズ / 山形石雄 / スーパーダッシュ文庫 / 2005
64. ベン・トー / アサウラ / スーパーダッシュ文庫 / 2008
65. ゼロの使い魔  / ヤマグチノボル / MF文庫J / 2004
66. 上等。シリーズ / 三浦勇雄 / MF文庫J / 2005
67. ギャルゴ!!!!! / 比嘉智康 / MF文庫J / 2007
68. やってきたよ、ドルイドさん!  / 志瑞祐 / MF文庫J / 2008
69. ホーンテッド! / 平坂読 / MF文庫J / 2004
70. ラノベ部 / 平坂読 / MF文庫J / 2008
71. 僕は友達が少ない / 平坂読 / MF文庫J / 2009
72. 鋼鉄の白兎騎士団 / 舞阪洸 / ファミ通文庫 / 2005
73. 学校の階段 / 櫂末高彰 / ファミ通文庫 / 2006
74. 文学少女シリーズ / 野村美月 / ファミ通文庫 / 2006
75. 永遠のフローズンチョコレート / 扇智史 / ファミ通文庫 / 2006
76. バカとテストと召喚獣 / 井上堅二 / ファミ通文庫 / 2007
77. 暴風ガールズファイト / 佐々原史緒 / ファミ通文庫 / 2007
78. 人類は衰退しました / 田中ロミオ / ガガガ文庫 / 2007
79. とある飛空士への追憶 / 犬村小六 / ガガガ文庫 / 2008
80. ほうかごのロケッティア / 大樹連司 / ガガガ文庫 / 2009
81. くじびき勇者さま  / 清水文化 / HJ文庫 / 2006
82. スクランブル・ウィザード / すえばしけん / HJ文庫 / 2008
83. 六畳間の侵略者!? / 健速 / HJ文庫 / 2009
84. ANGEL+DIVE  / 十文字青 / 一迅社文庫 / 2008
85. 「リリカル・ミステリー」シリーズ / 友桐夏 / コバルト文庫 / 2005
86. 彩雲国物語 / 雪乃紗衣 / 角川ビーンズ文庫 / 2003
87. 鳥は星形の庭におりる / 西東行  / 講談社X文庫ホワイトハート / 2009
88. 迷走×プラネット  / 神尾アルミ / 一迅社文庫アイリス / 2008
89. キスとDO‐JIN! / 小林来夏 / もえぎ文庫ピュアリー / 2007
90. アルファベット荘事件 ~A Love Story~  / 北山猛邦 / 白泉社My文庫 / 2002
91. 「戯言」シリーズ / 西尾維新 / 講談社ノベルス / 2002
92. 化物語 / 西尾維新 / 講談社BOX / 2006
93. 刀語 / 西尾維新 / 講談社BOX / 2007
94. カラミティナイト / 高瀬彼方 / ハルキ文庫 / 2000
95. マルドゥック・スクランブル / 冲方丁 / ハヤカワ文庫JA / 2003
96. "煌夜祭 / " / 多崎礼 / " / C★NOVELSファンタジア" / 2006
97. 楽園まで  / 張間ミカ / トクマ・ノベルズEdge / 2009
98. 全死大戦シリーズ / 元長柾木 / 単行本 / 2005
99. ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ / 滝本竜彦 / 単行本 / 2001
100. スカイ・クロラ / 森博嗣 / 単行本 / 2001

僕の好きなライトノベル100選(70~90年代)

雑に選んでいたらオールタイムで100に絞るなんてまず無理だから時間を区切ってみた。
選んでみて実感したけど、70~90年代は根本的に刊行数が限定的だからかなり幅広く選ばないと100まで行かない感じだな……「そこそこ好きだった」レベルでも100に入ってくるな……
とりあえず時間があったら00年代版、10年代版くらいまでまとめてみよう。

 
僕の90年代は水野良神坂一高畑京一郎田中芳樹茅田砂胡富野由悠季を主成分に構成されている。
 
 
 
■僕の好きなライトノベル100選(70~90年代)
・「無責任」シリーズ
1. 宇宙一の無責任男 / 吉岡平 / 富士見ファンタジア文庫 / 1989
2. 無責任キッズ / 吉岡平 / 富士見ファンタジア文庫 / 1993
 
3. 灼熱の竜騎兵 / 田中芳樹 / 富士見ファンタジア文庫 / 1988
4. スレイヤーズ / 神坂一 / 富士見ファンタジア文庫 / 1990
5. ロスト・ユニバース / 神坂一 / 富士見ファンタジア文庫 / 1992
6. 魔術師オーフェン / 秋田禎信 / 富士見ファンタジア文庫 / 1994
7. それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ / 庄司卓 / 富士見ファンタジア文庫 / 1993
8. 「SMガールズ セイバーマリオネット」シリーズ / あかほりさとる長谷川勝己 / 富士見ファンタジア文庫 / 1994
9. フルメタル・パニック! / 賀東昭二 / 富士見ファンタジア文庫 / 1999
10. ザンヤルマの剣士 / 麻生俊平 / 富士見ファンタジア文庫 / 1992
11. ミュートスノート戦記 / 麻生俊平 / 富士見ファンタジア文庫 / 1998
12. メルヴィ&カシム / 冴木忍 / 富士見ファンタジア文庫 / 1991
13. 卵王子カイルロッドの苦難 / 冴木忍 / 富士見ファンタジア文庫 / 1992
14. 天高く、雲は流れ / 冴木忍 / 富士見ファンタジア文庫 / 1995
15. カレイドスコープの少女 / 内藤 渉 / 富士見ファンタジア文庫 / 1998
16. 火魅子伝 / 舞阪洸 / 富士見ファンタジア文庫 / 1999
17. ドラゴンズ・ウィル / 榊一郎 / 富士見ファンタジア文庫 / 1998
18. スクラップド・プリンセス / 榊一郎 / 富士見ファンタジア文庫 / 1999
 
・「ソード・ワールド・ノベル」シリーズ
19. 魔法戦士リウイ / 水野良 / 富士見ファンタジア文庫 / 1998
20. サーラの冒険 / 山本弘 / 富士見ファンタジア文庫 / 1991
 
21. ロケットガール / 野尻抱介 / 富士見ファンタジア文庫 / 1995
22. 「機動警察パトレイバー」シリーズ / 伊藤和典押井守 他 / 富士見ファンタジア文庫 / 1990
23. ザ・サード / 星野亮 / 富士見ファンタジア文庫 / 1998
24. コミケ中止命令! / 南田操 / 富士見ファンタジア文庫 / 1989
25. 悪の江ノ島大決戦 / とまとあき / 富士見ファンタジア文庫 / 1990
26. 風の白猿神 神々の砂漠 / 滝川羊 / 富士見ファンタジア文庫 / 1995
27. 「蓬莱学園」シリーズ / 新城十馬 他 / 富士見ファンタジア文庫 / 1991
28. 天地無用!in LOVE 夢の家 / ねぎしひろし / 富士見ファンタジア文庫 / 1996
29. オーラバトラー戦記 / 富野由悠季 / カドカワノベルズ / 1986
30. リーンの翼 / 富野由悠季 / 角川スニーカー文庫 / 1983
31. 機動戦士ガンダム / 富野由悠季 / 角川スニーカー文庫 / 1987
32. 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン / 富野由悠季 / 角川スニーカー文庫 / 1988
33. 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ / 富野由悠季 / 角川スニーカー文庫 / 1989
34. ガイア・ギア / 富野由悠季 / 角川スニーカー文庫 / 1988
35. ロードス島戦記 / 水野良 / 角川スニーカー文庫 / 1988
36. ロードス島伝説 / 水野良 / 角川スニーカー文庫 / 1994
37. ゴクドーくん漫遊記 / 中村うさぎ / 角川スニーカー文庫 / 1991
38. フォーチュン・クエスト / 深沢美潮 / 角川スニーカー文庫 / 1989
39. 異次元騎士カズマ / 王領寺静 / 角川スニーカー文庫 / 1988
40. MAZE☆爆熱時空 / あかほりさとる / 角川スニーカー文庫 / 1993
41. ルナル・サーガ / 友野 詳  / 角川スニーカー文庫 / 1992
42. ラグナロク / 安井健太郎 / 角川スニーカー文庫 / 1998
43. 日帰りクエスト / 神坂一 / 角川スニーカー文庫 / 1993
44. 闇の運命を背負う者 / 神坂一 / 角川スニーカー文庫 / 1996
45. O・P・ハンター / 神坂一 / 角川スニーカー文庫 / 1998
46. トラブル・てりぶるハッカーズ / 後池田真也 / 角川スニーカー文庫 / 1997
47. 魔獣戦士ルナ・ヴァルガー / 秋津透 / 角川スニーカー文庫 / 1988
48. 未来放浪ガルディーン / 火浦功 / 角川スニーカー文庫 / 1986
49. ブギーポップは笑わない / 上遠野浩平 / 電撃文庫 / 1998
 
・「クリスタニア」シリーズ
50. 漂流伝説クリスタニア / 水野良 / 電撃文庫 / 1993
51. はじまりの冒険者たち レジェンド・オブ・クリスタニア / 河添省吾 / 電撃文庫 / 1995
52. 英雄伝説クリスタニア / 河添省吾 / 電撃文庫 / 1997
 
53. 鉄コミュニケイション / 秋山瑞人 / 電撃文庫 / 1998
54. E.G.コンバット / 秋山瑞人 / 電撃文庫 / 1998
55. COOLDOWN / 伊達将範 / 電撃文庫 / 1999
56. コールド・ゲヘナ / 三雲岳斗 / 電撃文庫 / 1999
57. ソリッドファイター / 古橋秀之 / 電撃文庫 / 1997
58. ソーサラー狩り 爆れつハンター / あかほりさとる / 電撃文庫 / 1993
59. デュアン・サーク / 深沢美潮 / 電撃文庫 / 1996
60. 僕の血を吸わないで / 阿智太郎 / 電撃文庫 / 1998
61. 「都市」シリーズ / 川上稔 / 電撃文庫 / 1998
62. クリス・クロス / 高畑京一郎 / 単行本(電撃文庫) / 1994
63. タイム・リープ あしたはきのう / 高畑京一郎 / 単行本(電撃文庫) / 1995
64. ダブル・キャスト / 高畑京一郎 / 単行本(電撃文庫) / 1999
65. デルフィニア戦記 / 茅田砂胡 / C★NOVELSファンタジア / 1993
66. スカーレット・ウィザード / 茅田砂胡 / C★NOVELSファンタジア / 1999
67. 桐原家の人々 / 茅田砂胡  / C★NOVELSファンタジア / 1999
68. 帝都探偵物語 / 赤城毅 / C★NOVELSファンタジア / 1998
69. 有翼騎士団 / 赤城毅 / C★NOVELSファンタジア / 1999
70. 皇国の守護者 / 佐藤大輔 / C★NOVELSファンタジア / 1998
71. タロット探偵MIKU / 夏緑 / ファミ通文庫 / 1999
72. 闇色の戦天使 / 神野 オキナ / ファミ通文庫 / 1999
73. 星界の紋章 / 森岡浩之 / ハヤカワ文庫JA / 1996
74. 星界の戦旗 / 森岡浩之 / ハヤカワ文庫JA / 1996
75. 「航空宇宙軍史」シリーズ / 谷甲州 / ハヤカワ文庫JA / 1988
76. 戦闘妖精・雪風 / 神林長平 / ハヤカワ文庫JA / 1984
77. 七都市物語 / 田中芳樹 / ハヤカワ文庫JA / 1990
78. 十二国記 / 小野不由美 / 講談社X文庫 / 1992
79. 小説 ドラゴンクエストV / 久美沙織 / エニックス文庫 / 1994
80. プリンセス・ミネルバ / 舞阪洸 / スーパーファンタジー文庫 / 1992
 
・「金田一少年の事件簿」小説シリーズ
81. 金田一少年の事件簿 オペラ座館・新たなる殺人 / 天樹征丸 / 講談社マガジンノベルス / 1994
82. 金田一少年の事件簿 電脳山荘殺人事件 / 天樹征丸 / 講談社マガジンノベルス / 1996
 
83. 吸血鬼ハンターD / 菊地秀行 / ソノラマ文庫 / 1983
84. ARIEL / 笹本祐一 / ソノラマ文庫 / 1987
85. 西風の戦記 / 田中芳樹 / ソノラマ文庫 / 1988
86. マリア様がみてる / 今野緒雪 / コバルト文庫 / 1998
87. 流血女神伝 / 須賀しのぶ / コバルト文庫 / 1999
88. 同級生 / 中山文十郎 / ワニブックス / 1994
89. ドラゴンナイト / 馬里邑れい / ワニブックス / 1994
90. ONE 〜輝く季節へ〜 / 館山緑 / ムービック / 1998
91. 後宮小説 / 酒見賢一 / 単行本 / 1989
92. 幻魔大戦 / 平井和正 / 角川文庫 / 1979
93. 銀河英雄伝説 / 田中芳樹 / トクマ・ノベルズ / 1982
94. タイタニア / 田中芳樹 / トクマ・ノベルズ / 1988
95. 夏の魔術 / 田中芳樹 / トクマ・ノベルズ / 1988
96. アルスラーン戦記 / 田中芳樹 / 角川文庫 / 1986
97. 創竜伝 / 田中芳樹 / 講談社ノベルス / 1987
98. 薬師寺涼子の怪奇事件簿 / 田中芳樹 / 講談社ノベルス / 1998
99. マヴァール年代記 / 田中芳樹 / カドカワノベルズ / 1988
100. アップフェルラント物語 / 田中芳樹 / 単行本 / 1990

2024年3月の読書まとめ

2024年3月の読書まとめ。読書メーター調べ。
計76冊、1日約2.45冊ペース。
ライトノベル56冊、ジュブナイルポルノ5冊、一般文芸・ミステリ6冊、美術関連書4冊、競馬本1冊、ゲーム業界関連2冊、その他2冊。
1月から右肩下がりで読書数が減っている。悪い傾向だ……

3月の読書メーター
読んだ本の数:76
読んだページ数:22488
ナイス数:304

仕事が終われば、あの祝福で仕事が終われば、あの祝福で感想
仕事へのモチベーションが低い落ちこぼれ社員だった主人公が、同僚とのマルチプレイを切っ掛けに人生が変わっていく話。
エルデンリング未プレイだけど、「死にゲー」で「プレイングに幅があるゲーム」であることが分かってれば本編を読む分には問題ない感じ。ゲームを通した他者とのコミュニケーションによって「今までと違う視点」を手に入れて「ゲームで工夫してきた」経験などを仕事での武器にしていく流れ。
エルデンリングファンが読んだらどう思うかは分からないけど、未プレイ勢としてはお仕事小説として綺麗にまとまっていたと思います。
読了日:03月31日 著者:氷上 慧一
怠惰な悪辱貴族に転生した俺、シナリオをぶっ壊したら規格外の魔力で最凶になった (角川スニーカー文庫)怠惰な悪辱貴族に転生した俺、シナリオをぶっ壊したら規格外の魔力で最凶になった (角川スニーカー文庫)感想
良くも悪くも手堅いゲーム世界悪役転生運命改変ストーリー。
こういうのが読みたい人にはいいんじゃないですかね。
読了日:03月31日 著者:菊池 快晴
子作り妊活部! おめでた、ボテ腹ギャルを絶対幸せにしてみせます (フランス書院eブックス)子作り妊活部! おめでた、ボテ腹ギャルを絶対幸せにしてみせます (フランス書院eブックス)感想
人間関係のアレコレは前巻である程度以上蹴りが付いているので、本巻は〆としての妊娠・ボテ腹回。
個人的な好みとして「ボテ腹」属性を持っていないので、あまりテンションが上がらない内容だったけど、「子作り妊活部」というテーマをきっちりまとめた点は評価したい。
いいシリーズだったと思います。
読了日:03月31日 著者:孕間せん
もっと知りたいラファエル前派 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたいラファエル前派 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
写実的な絵画を観たかったのと、エヴァレット・ミレイの作品が好きなのでラファエル前派の本を手に取ってみた。
中心人物とグループ、理念、「運動」としての破綻の切っ掛けなどが明快なので時系列や流れが分かり易く読み易い。
やはりモチーフと画風が好みとピンズドなので作品を観ているだけでワクワクしてくる。この時代の展示会を日本でやってくれることを祈っています。
読了日:03月31日 著者:荒川裕子
天使はモップを持って (実業之日本社文庫)天使はモップを持って (実業之日本社文庫)感想
一部を除いてライトなノリの連作短編集。
真相が明らかになった後の顛末をもうちょっと読みたかったかな、という印象。
読了日:03月30日 著者:近藤 史恵
好感度カンスト王子と転生令嬢による乙ゲースピンオフ 1 (アリアンローズ)好感度カンスト王子と転生令嬢による乙ゲースピンオフ 1 (アリアンローズ)感想
「スピンオフ」とあるから本編ストーリーが別にあると思って最初スルーしてたんだけど、これが本編なのか……ちょっとタイトルで損をしている気がする。
読了日:03月30日 著者:ぽよ子
窓際編集とバカにされた俺が、双子JKと同居することになった (GAノベル)窓際編集とバカにされた俺が、双子JKと同居することになった (GAノベル)感想
リアリティラインの引き方がイマイチ、あるいはイマフタツかな……
読了日:03月29日 著者:茨木野
水魔法なんて使えないと追放されたけど、水が万能だと気がつき水の賢者と呼ばれるまでに成長しました~今更水不足と泣きついても簡単には譲れません~ (サーガフォレスト)水魔法なんて使えないと追放されたけど、水が万能だと気がつき水の賢者と呼ばれるまでに成長しました~今更水不足と泣きついても簡単には譲れません~ (サーガフォレスト)感想
「水には重さがあるんだよ!」『な、なんだってー!ΩΩΩΩ』みたいなやり取りしてて脱力感が強い。
幾ら魔法で水を生み出せる環境で、水を運んだりする機会が無かったとしても、コップに入れた水のあるなしで重さくらいは実感するのでは……
読了日:03月29日 著者:空地大乃
君と笑顔が見たいだけ (ファンタジア文庫)君と笑顔が見たいだけ (ファンタジア文庫)感想
「漫才」という小説では難しいテーマに挑んでいる点だけは素直に評価したいところだけど、純粋に「漫才シーンを読んで笑えるか、面白いか」というと悩ましく、間やテンポや空気感が重要な「漫才」を漫画や小説で取り扱った時の難しさが露骨に表れている印象。
「掛け合いが面白い小説」はあるけど、仮に「面白い漫才の脚本」をそのまま載せても小説としては面白くならないだろうし、やはり「漫才」ものの小説化は難しいよなぁ、って。
読了日:03月28日 著者:新田 漣
味噌汁令嬢と腹ぺこ貴族のおいしい日々 1 (アリアンローズ)味噌汁令嬢と腹ぺこ貴族のおいしい日々 1 (アリアンローズ)感想
ヒーロー役のはずのディオン君が単なる食いしん坊キャラにしか思えず、ラブ的にはそこで乗ってけないところがあった。
読了日:03月27日 著者:一ノ谷 鈴
ぼくらに嘘がひとつだけぼくらに嘘がひとつだけ感想
以前の将棋作品のキャラクターが出てくるところには少しテンションが上がったけど、将棋ものとしても、ミステリとしてもやや中途半端ではあったかな。
オチがあまり好きじゃないこともあり、「新生児の取り違え・取り換え」というモチーフ自体には正直あまりテンションが上がらなかったけど、そのモチーフによって浮かび上がる「才能は生まれか育ちか?」「家族への愛とは血なのか縁なのか?」という問いかけには一抹の面白さはあったかな。
どういう要素を期待しているのか、どういう点にフォーカスして読むかによって満足度の落差が大きそう。
読了日:03月27日 著者:綾崎 隼
正式に魔女になった二度目の悪役皇女は、もう二度と大切な者を失わないと心に誓う正式に魔女になった二度目の悪役皇女は、もう二度と大切な者を失わないと心に誓う感想
逆行再生やり直しものだけど、やり直しの時点で「諦め」から始まっている主人公の姿は痛々しさがあった。
傷付いた彼女が癒されて、前向きな幸せを望むようになって欲しいですね……
読了日:03月26日 著者:双葉葵
この×××がすごい! クラスの女子の間で評判になって予約待チ××に。 (フランス書院eブックス)この×××がすごい! クラスの女子の間で評判になって予約待チ××に。 (フランス書院eブックス)感想
変態バージン夜凪さん、変態性がオープン過ぎてちょっと萎えてしまうところはあった。
ただまあ、複数の女の子との爛れた肉体関係、イイヨネ。
読了日:03月26日 著者:枝垂 みかん
この×××がすごい! 初体験して大胆になった隣の席の子に筆下ろししてもらったら (フランス書院eブックス)この×××がすごい! 初体験して大胆になった隣の席の子に筆下ろししてもらったら (フランス書院eブックス)感想
筆おろしした相手との肉体関係に溺れていく同級生はエロい。
読了日:03月25日 著者:枝垂 みかん
龍の子、育てます。 (富士見L文庫)龍の子、育てます。 (富士見L文庫)感想
「家族」の雰囲気が良かった。
読了日:03月25日 著者:
平凡な令嬢 エリス・ラースの日常2 (ツギクルブックス)平凡な令嬢 エリス・ラースの日常2 (ツギクルブックス)感想
隣国王太子が馬鹿過ぎて呆れる前に脱力してしまったね。
読了日:03月25日 著者:まゆらん
盲目的な恋と友情盲目的な恋と友情感想
二つの視点で描かれる「盲目的な恋と友情」の物語。
彼女達が本当に愛したものは何だったのか―――?
読了日:03月24日 著者:辻村 深月
闇堕ち勇者の背信配信~追放され、隠しボス部屋に放り込まれた結果、ボスと探索者狩り配信を始める~ (ガガガ文庫 ガこ 6-1)闇堕ち勇者の背信配信~追放され、隠しボス部屋に放り込まれた結果、ボスと探索者狩り配信を始める~ (ガガガ文庫 ガこ 6-1)感想
追放ものとダンジョン配信ものを組み合わせたような内容。
ただ「追放」の真相も割とヌルく、「ダンジョンで死んでも挑戦権を失う」という設定なので「ダンジョン狩り」と言っても悪辣度は低く「闇堕ち」という程の印象が無く、配信ものとしての解像度が粗い。
そういう諸々のディテールの甘さをコメディタッチにすることでまとめている感はあるけど、色々と設定を持って捻った結果バランスが悪くなったという印象はぬぐえなかったかな。
文句ばっかりだけど、コボルトが可愛いところは嫌いじゃなかった。
読了日:03月24日 著者:広路 なゆる
レイチェル・ジーンは踊らない (アイリスNEO)レイチェル・ジーンは踊らない (アイリスNEO)感想
結婚に興味が無かったオタクが類似の趣味を持つオタクと出会って結婚する、みたいな話のファンタジー版。
読了日:03月24日 著者:Moonshine,ボダックス
クラスで2番目に可愛いボーイッシュ幼馴染を、寝取り種付けセックス漬けにしてハッピーエンドにした話 (フランス書院eブックス)クラスで2番目に可愛いボーイッシュ幼馴染を、寝取り種付けセックス漬けにしてハッピーエンドにした話 (フランス書院eブックス)感想
ヒロインの事情・気持ち・立場をちゃんと思いやりながら一つ一つしっかりと後腐れなく寝取ろうとする展開がとても良い。じりじりとした流れがゾクゾクするし、ヒロインに優しい展開がとても良いですね。
読了日:03月24日 著者:月見 ハク
午後のチャイムが鳴るまでは午後のチャイムが鳴るまでは感想
個々のミステリの落ちについてはあまり刺さらなかったけど、タイトルに集約される最後の仕掛け自体は嫌いじゃなかった。
読了日:03月23日 著者:阿津川 辰海
クラスで2番目に可愛いボーイッシュ幼馴染を、二泊三日の修学旅行で寝取って種付けセックス漬けにする話 (フランス書院eブックス)クラスで2番目に可愛いボーイッシュ幼馴染を、二泊三日の修学旅行で寝取って種付けセックス漬けにする話 (フランス書院eブックス)感想
突然目覚めたNTRガイド機能によって幼馴染ヒロインを大切に優しく寝取ろうとする話。
読了日:03月23日 著者:月見 ハク
ホームセンターごと呼び出された私の大迷宮リノベーション! (GAノベル)ホームセンターごと呼び出された私の大迷宮リノベーション! (GAノベル)感想
全体的に大味だけど、少女二人のバディっぽさだけは嫌いじゃなかったかな。
読了日:03月23日 著者:星崎崑
当て馬ヒロインは今日も「カワイイ」を突き進む! 1 (エンジェライト文庫)当て馬ヒロインは今日も「カワイイ」を突き進む! 1 (エンジェライト文庫)感想
ボリュームは足りないけど、「好き」に突き進む変人ヒロインがとても良かった。
読了日:03月23日 著者:岡崎マサムネ
お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件9 (GA文庫)お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件9 (GA文庫)感想
「誕生日を祝う」という素朴な幸せエピソードで、読んでる側に多幸感を生み出せる域になっている。
もう変に派手なことをやっていなくても面白いのずるいわ。
読了日:03月23日 著者:佐伯さん
転生大魔女の異世界暮らし~古代ローマ風国家で始める魔法研究~転生大魔女の異世界暮らし~古代ローマ風国家で始める魔法研究~感想
あくまで「古代ローマ風」なので、過剰にローマ要素を期待しないで読む分はそう悪くない。
読了日:03月22日 著者:灰猫さんきち
放課後の迷宮冒険者 4~日本と異世界を行き来できるようになった僕はレベルアップに勤しみます~ (GCN文庫 ヒ 01-04)放課後の迷宮冒険者 4~日本と異世界を行き来できるようになった僕はレベルアップに勤しみます~ (GCN文庫 ヒ 01-04)感想
ストーリー的な動きは乏しかったけど、キャラクターへの愛着が出てきたからキャラ小説としてはそれなりに楽しめた。
読了日:03月21日 著者:樋辻臥命
皇帝陛下の専属司書姫4  闇堕ち義弟の監禁ルートは回避したい! (一迅社文庫アイリス)皇帝陛下の専属司書姫4  闇堕ち義弟の監禁ルートは回避したい! (一迅社文庫アイリス)感想
シャーロット、なんかもう存在自体が懐かしいな……
読了日:03月20日 著者:やしろ 慧,なま
平民出身の帝国将官、無能な貴族上官を蹂躙して成り上がる (ファンタジア文庫)平民出身の帝国将官、無能な貴族上官を蹂躙して成り上がる (ファンタジア文庫)感想
軍人もの、上官の無茶ぶりや嫌がらせや圧力には逆らえないみたいな展開になりがちだけど、本作の主人公は自分が納得できないこと・理不尽なことに対しては平気で逆らうから良くも悪くもスカッとする展開が続く。
スカッと展開にするために強引な部分もあるけど、タイトルからして「そういう作品」であることは明示してあるし、これはこれで割り切って読む分にはいいんじゃないですかね。
読了日:03月20日 著者:花音 小坂
【悲報】お嬢様系底辺ダンジョン配信者、配信切り忘れに気づかず同業者をボコってしまう: けど相手が若手最強の迷惑系配信者だったらしくアホ程バズって伝説になってますわ!? (2) (ガガガ文庫 ガあ 11-33)【悲報】お嬢様系底辺ダンジョン配信者、配信切り忘れに気づかず同業者をボコってしまう: けど相手が若手最強の迷惑系配信者だったらしくアホ程バズって伝説になってますわ!? (2) (ガガガ文庫 ガあ 11-33)感想
2巻も最高におハーブで優雅でしたわ。
読了日:03月20日 著者:赤城 大空
淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~十六淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~十六感想
九州・琉球の顛末と、関東・奥州制圧の向けての動き、対南蛮に向けての準備回。
ストーリーに大きな動きは無かったので助走の巻といった印象。
読了日:03月20日 著者:イスラ―フィール
純情ギャルと不器用マッチョの恋は焦れったい (ガガガ文庫 ガひ 3-7)純情ギャルと不器用マッチョの恋は焦れったい (ガガガ文庫 ガひ 3-7)感想
不器用マッチョと言う主人公のキャラ造形には新鮮味があったので、よく見かける純情ギャル属性と組み合わせることでカップリングの面白さがあった。
やっていることは自体は普通のラブコメなんだけど、前述のキャラ造形・カップリングの妙で素直に面白いと言える内容になっている。やはりラブコメはキャラですよ。
読了日:03月20日 著者:秀章
男爵無双 貴族嫌いの青年が田舎貴族に転生した件 (ファンタジア文庫)男爵無双 貴族嫌いの青年が田舎貴族に転生した件 (ファンタジア文庫)感想
国内政治の知識も立場も違う主人公に「貴族」であることを押し付けてくるヒロインが鼻につくことが割とあったけど、最後の落としどころは悪くなかったかな。
読了日:03月19日 著者:水底 草原
平安後宮の洋食シェフ(2)-蹴鞠と秋の宮中バーベキュー (双葉文庫)平安後宮の洋食シェフ(2)-蹴鞠と秋の宮中バーベキュー (双葉文庫)感想
料理要素は相変わらず地に足がついていてとても良い。
一方で、まだ2巻なので「平安に戻る」という選択をするだけの絆を読者である僕にはまだ感じられなかったので、同じ展開にするにしても後数巻は積み重ねが欲しかったかなぁ、とは思いました。
読了日:03月19日 著者:遠藤 遼
母をたずねて、異世界に。 ~実はこっちが故郷らしいので、再会した家族と幸せになります~ (電撃の新文芸)母をたずねて、異世界に。 ~実はこっちが故郷らしいので、再会した家族と幸せになります~ (電撃の新文芸)感想
「家族」にフォーカスした雰囲気自体は悪くなかったけど、ストーリーラインはあまり動かす、1冊通してのプロローグと言う感じだったので、1冊では評価しづらいところはあった。
読了日:03月18日 著者:藤原 祐
ハズレスキル《草刈り》持ちの役立たず王女、気ままに草を刈っていたら追放先を魅惑のリゾート島に開拓できちゃいました (GAノベル)ハズレスキル《草刈り》持ちの役立たず王女、気ままに草を刈っていたら追放先を魅惑のリゾート島に開拓できちゃいました (GAノベル)感想
王女を始めとする不遇スキル持ちを集めて追放先でリゾート島を開拓する話。
スキルの拡大解釈から力づくで展開を動かす剛腕っぷりは嫌いじゃなかった。
読了日:03月17日 著者:みねバイヤーン
有名VTuberの兄だけど、何故か俺が有名になっていた #2 妹と案件をやってみた (GA文庫)有名VTuberの兄だけど、何故か俺が有名になっていた #2 妹と案件をやってみた (GA文庫)感想
何度も「事故」展開を繰り返された結果、2巻にして「事故」に飽きてきた感がある。
読了日:03月17日 著者:茨木野
無慈悲な悪役貴族に転生した僕は掌握魔法を駆使して魔法世界の頂点に立つ ~ヒロインなんていないと諦めていたら向こうから勝手に寄ってきました~ (GA文庫)無慈悲な悪役貴族に転生した僕は掌握魔法を駆使して魔法世界の頂点に立つ ~ヒロインなんていないと諦めていたら向こうから勝手に寄ってきました~ (GA文庫)感想
類似作品と比べた時の強みには乏しく、全体的に設定・展開・キャラの決意・判断が軽いので僕には合いませんでしたね。
読了日:03月16日 著者:びゃくし
戦国小町苦労譚 17、西国進出とこぼれ話 (アース・スターノベル)戦国小町苦労譚 17、西国進出とこぼれ話 (アース・スターノベル)感想
長期シリーズ化してるだけあって各キャラへの愛着が強くなっているからわちゃわちゃしてるだけでも面白くはあるんだけど、ここ数巻は刊行ペースが年1冊に鈍化しているだけに1冊でストーリーが進まないともどかしさはあるかなぁ。
読了日:03月16日 著者:夾竹桃
レアモンスター?それ、ただの害虫ですよ ~知らぬ間にダンジョン化した自宅での日常生活が配信されてバズったんですが~ (GA文庫)レアモンスター?それ、ただの害虫ですよ ~知らぬ間にダンジョン化した自宅での日常生活が配信されてバズったんですが~ (GA文庫)感想
「無自覚無双系」の主人公にチートであることを自覚させないよう周りの人たちが右往左往する喜劇っぷりには一定の面白さがあるけど、双方向性がほとんどないので「配信」ものとしての面白さには欠けるかな、という印象。
読了日:03月16日 著者:御手々ぽんた
雑草聖女の逃亡~隣国の魔術師と偽夫婦になって亡命します~1 (一二三書房)雑草聖女の逃亡~隣国の魔術師と偽夫婦になって亡命します~1 (一二三書房)感想
「逃亡」パートにおいて、今どういう状態で、どういう理由で時間がかかっているのかのエクスキューズが上手くないので、なんか「なんか大きな(展開が盛り上がる)事件やトラブルが起きてる訳でもないのに逃亡パートが無駄に長いな……」という印象になってしまっていた。僕には合わないかな。
読了日:03月15日 著者:森川茉里
もっと知りたいマティス 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたいマティス 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
フォーヴィスムは典型的な「(自分から観て)パッと見での良さの分からない絵画」時代だったから敬遠してたけど、勉強の一環でマティス展に行くことにしたのでそれに向けて読んでみた。
様々なアプローチで自分の理想を追い求めるマルチアーティストのようなスタンスには頭が下がる。
更に線によるフォルム・色の純粋化の結果としての切り絵に行きついたこと、フォルムと色の追及はデザインとの親和性が高まったことなど非常に興味深かったですね。
「良さ」はまだ感じられないけど、「評価」と「意図」はシックリ来た気がします。いい本でした。
読了日:03月15日 著者:天野 知香
忙しすぎる文官令嬢ですが無能殿下に気に入られて仕事だけが増えてます 1 (アリアンローズ)忙しすぎる文官令嬢ですが無能殿下に気に入られて仕事だけが増えてます 1 (アリアンローズ)感想
こういう「無能」設定、事情があって能力を隠しているパターンがあるけど、本作では事実として「無能」な一面があるので、割とイラっと来る・もやもやするシーンが割とある。
ヒーロー役の殿下にいいところが無い訳ではないんだけど、前述の「無能」な面によるイライラのせいでヒーローキャラを好きになれなかったので、そこが残念でしたね。
読了日:03月14日 著者:ミダ ワタル
呪われ呪術王の平和が為の異世界侵略 1 (HJ NOVELS HJN 72-01)呪われ呪術王の平和が為の異世界侵略 1 (HJ NOVELS HJN 72-01)感想
効率と合理性の怪物と言うべきサイコパス主人公が、現代世界からその特異性を生かせる異世界に転生して、「世界平和」のために倫理観が壊れたまま世界と戦う話。
異世界侵略」という意味ではまだ導入って感じだけど、異常な主人公の容赦ない展開は割と好きかもしれない。
ただまあ「呪術」というネーミングと能力がミスマッチには感じたかな。
読了日:03月13日 著者:タロジロウ
もっと知りたい浮世絵 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい浮世絵 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
改めて浮世絵の勉強をするための読んでみた。
浮世絵の発展、その時々の画題の流行や有名な絵師などのアウトラインが分かり易く書かれているので勉強にはなる。
ただ個別の絵師の特徴や画風などについての掘り下げはやはり少なく、この本で気になる時代・絵師を見つけるための1冊と言った印象。インデックスのための本としては機能している。
浮世絵を知る最初の1冊としては悪くない内容だと思います。
読了日:03月13日 著者:田辺昌子
チャートで読み解く美術史入門チャートで読み解く美術史入門感想
チャートや相関図を入れながら美術史のアウトラインを語る入門書だけど、「広く浅く」というよりは「広くとにかく薄っぺらい」という感じ。
全体的に情報量が少ないからチャートを入れられてもどうしてそういう繋がり・流れになっているか前提知識がない人にはピンとこないだろうし、相関図の関係性についても具体的なエピソードが語られることが少ないので上っ面だけのものになってしまっている。
んー、入門書と言っても、さすがに情報が少なすぎますね。あまりにも物足りない。
読了日:03月13日 著者:ナカムラクニオ
転生令嬢は悪名高い子爵家当主 ~領地運営のための契約結婚、承りました~ (カドカワBOOKS)転生令嬢は悪名高い子爵家当主 ~領地運営のための契約結婚、承りました~ (カドカワBOOKS)感想
姉妹関係が良かった。
読了日:03月12日 著者:翠川 稜
閃光の冒険者(1) (モンスター文庫 Mい 04-01)閃光の冒険者(1) (モンスター文庫 Mい 04-01)感想
転生先で世間で評価されていない属性を手に入れたけど、現代知識によって属性を有効利用して成り上がっていくタイプの作品。
ハズレ扱いの属性が「光」という点だけは珍しいけど、それ以外は同系作品に対して特別な強みがある訳でもなく。
テンプレ展開でもいいからとにかくこういう作品が読みたい、という人ならというくらいの内容。
読了日:03月12日 著者:田舎の青年
気弱令嬢に成り代わった元悪女 01気弱令嬢に成り代わった元悪女 01感想
悪女として亡くなった主人公が、未来の別人に憑依して運命を切り開いていくタイプの話。
特定キャラの変節に唐突感があるところはあったけど、懐いてくる妹キャラ大好きなので色々と許せてしまったし、この系統の作品としての手堅い面白さはあった。諸手を上げて絶賛とはいかないけど、続きは読んでみたい気はしますね。
読了日:03月11日 著者:白猫
孤高の悪女は堅物旦那様に甘やかされたい ―悪妻ですがあなたのことが大好きです― (一迅社文庫アイリス)孤高の悪女は堅物旦那様に甘やかされたい ―悪妻ですがあなたのことが大好きです― (一迅社文庫アイリス)感想
逆行再生やり直しもの。ヒーローへの好感度が低すぎて僕には合いませんでしたね。
読了日:03月11日 著者:藍川 竜樹,くまの 柚子
プライベートダンジョン ~田舎暮らしとダンジョン素材の酒と飯~ (ツギクルブックス)プライベートダンジョン ~田舎暮らしとダンジョン素材の酒と飯~ (ツギクルブックス)感想
現代ダンジョン、スローライフ、グルメ要素だけでも十分すぎるのに「聖獣」「イレイサー」等の設定を付け加えてしまったせいで要素が渋滞してしまっている。
グルメ要素などのいい点はあるんだけど、前述の通り多数の要素が喧嘩してしるし、各キャラクター性も好みには合わず、全体を通した印象はあまり良くないかな。僕には合わない作品でした。
読了日:03月11日 著者:じゃがバター
セガハード戦記セガハード戦記感想
セガ社員によって書かれたセガハードの歴史本。
読む前に想像していた「内部の人間ならでは!」というエピソード情報は少なく、セガを過大評価したり肩入れしているような記述も少なく、良くも悪くもフラットな視点で書かれているので「ゲーム史」の本としての客観性が担保されている。
マニアックさやカルト的な内容を過剰に期待していないならいい本だと思いますね。読み易い良書。
読了日:03月11日 著者:奥成 洋輔
水魔法ぐらいしか取り柄がないけど現代知識があれば充分だよね? (カドカワBOOKS)水魔法ぐらいしか取り柄がないけど現代知識があれば充分だよね? (カドカワBOOKS)感想
暴力が日常のスラムの子供への転生スタート。
割とハードモードで始まるけど、水魔法と現代知識で着実にポジションを上げていくのでストレスはそこまで強くない。
ただ地位を上げていっても、貴族社会の面倒臭さに直面したり、艱難辛苦が続く。
爽快感はそこまでないけど、地に足のついた設定と展開でしみじみとした良さがある。
読了日:03月10日 著者:mono-zo
おれ、バルサに入る!おれ、バルサに入る!感想
こういう本があるのは知っていたけど図書館で見つけたから手に取ってみた。
約12年近く前の本で、久保建英選手がまだ10歳当時の「カンテラに入った後」くらいに出ているため「バルサカンテラに入れるための戦略・養育」のサンプル本としては価値が第一義。
どういう訓練・練習をしていたかという話は面白ものの、上位カテゴリーで昇格出来ずに日本に帰国していたらまったく違う印象を受けていただろうな、とは思う。
その後、久保建英選手が大成したからいいものの当時のタイミングでこういう本を出すのはギャンブル感があるよなぁ。
読了日:03月09日 著者:久保 建史
お人好し冒険者、転生少女を拾いました 大賢者の加護付き少女とのんびり幸せに暮らします(1) (SQEXノベル)お人好し冒険者、転生少女を拾いました 大賢者の加護付き少女とのんびり幸せに暮らします(1) (SQEXノベル)感想
「お人好し冒険者」の人間力が周りにしっかりと評価されている幸せな世界。
「チート能力」を持っただけでは幸せになれなかった転生ヒロインが、優しさによって救われていく雰囲気は好きでしたね。
読了日:03月09日 著者:平成オワリ,U35
図解即戦力 ゲーム業界のしくみと仕事がこれ1冊でしっかりわかる教科書図解即戦力 ゲーム業界のしくみと仕事がこれ1冊でしっかりわかる教科書感想
ゲーム制作のことだけではなく、流通から法規まで、「ゲーム業界」にまつわる話を広く浅く読み易くまとめてある一冊。
浅くとは言うものの必要最低限の情報量はクリアしているし、「教科書」という程堅苦しくなく読み易い、「ゲーム業界」を知るための「導入としての教科書」としてはいい本だったと思います。
読了日:03月09日 著者:岡安 学
戦狼中国の対日工作 (文春新書 1436)戦狼中国の対日工作 (文春新書 1436)感想
ここ数年で聞くようになった「戦狼外交」について改めて知識を強化しようと思い手に取ってみた。
中国の様々な工作について、しっかりとした調査によってルポルタージュが書かれていて、中国外交のしたたかさを感じる一方で、どこまで「狙い通り」でどこからが「暴走」なのか統制できていない・一貫していない部分が垣間見えて「大国」がそういう状況にある怖さも感じた。
分かり易い模範解答を与えるものではないけど、中国外交の輪郭が分かり辛い部分があるのは、こういう一貫していない・統制できていない部分にも理由があるんでしょうね。
読了日:03月09日 著者:安田 峰俊
ベル・プペーのスパダリ婚約~「好みじゃない」と言われた人形姫、我慢をやめたら皇子がデレデレになった。実に愛い!~(1) (SQEXノベル)ベル・プペーのスパダリ婚約~「好みじゃない」と言われた人形姫、我慢をやめたら皇子がデレデレになった。実に愛い!~(1) (SQEXノベル)感想
スパダリ令嬢主人公のキャラクターが好きだった一方で、ヒーロー役皇子のキャラクターが刺さらなかったので、差し引きで「そこそこ」という印象になってしまった感じ。
作品の出来不出来というよりは、キャラが好きになれるかどうかかな。
読了日:03月09日 著者:朝霧あさき,セレン
社畜の俺、ドラゴンに懐かれたのでペット配信を始めます チビッ子ドラゴンとモンスター牧場ライフ (ドラゴンノベルス)社畜の俺、ドラゴンに懐かれたのでペット配信を始めます チビッ子ドラゴンとモンスター牧場ライフ (ドラゴンノベルス)感想
現代ダンジョン配信もの+モンスターテイムスローライフもの+ザマァ要素、みたいな感じ。
細かいところはさておき、ペットが可愛いので色々と許せた。
読了日:03月08日 著者:こがれ
玄関前で顔の良すぎるダウナー系美少女を拾ったら (角川スニーカー文庫)玄関前で顔の良すぎるダウナー系美少女を拾ったら (角川スニーカー文庫)感想
タイトル+懐かれて反動性で青春する話。
主人公に懐くまでの早さや強度にはご都合を感じる部分もあったけど(ただ対人経験の乏しさが距離感のおかしさに繋がることも多いし、必ずしもおかしいという訳でもないかな)、全体的な雰囲気は結構好き。
ヒロインの事情に踏み込んでいく中でどうなっていくか、続きも読んでみたいとは思いましたね。
読了日:03月08日 著者:ななよ 廻る
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。10最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。10感想
かわいいなかまがふえました。
読了日:03月07日 著者:ほのぼのる500
リピート・ヴァイス 1~悪役貴族は死にたくないので四天王になるのをやめました~ (HJ文庫 く 08-01-01)リピート・ヴァイス 1~悪役貴族は死にたくないので四天王になるのをやめました~ (HJ文庫 く 08-01-01)感想
「ゲーム世界」において、未来の運命を予知夢のような知ることになった悪役キャラが破滅の運命を回避しようとする話。
転生・転移・憑依ではないので主人公の根本的な性格の悪さなどは変わっていないんだけど「未来」を追体験したことがトラウマになっており、トラウマと未来知識によって何だかんだでゲームストーリーが変わっていく流れになっている。
ただまあ、本質的な部分では「ゲーム悪役転生・破滅回避(成り上がり)」ものと比べて特段凄く面白い部分がある訳ではないから、良くも悪くも「ゲーム悪役転生」の範疇無いという印象かな。
読了日:03月06日 著者:黒川陽継
期間限定皇后 (二見サラ文庫 あ 3-2)期間限定皇后 (二見サラ文庫 あ 3-2)感想
随分懐かしい名前を見掛けたので手に取ってみた。
とある事情によって暫定的な皇后になるヒロインの話。
商業的なアプローチはしっかりしている一方で、恋愛的なアプローチは弱い。
過去作において「しっかりした作り」の作品を書く傾向にある作者さんだから、しっかりと読めるけど、良くも悪くもキャラ造形や読み心地に「堅さ」は感じるかな。
読了日:03月06日 著者:尼野ゆたか
ダンジョン配信者を救って大バズりした転生陰陽師、うっかり超級呪物を配信したら伝説になった 1 (HJ文庫 ひ 07-01-01)ダンジョン配信者を救って大バズりした転生陰陽師、うっかり超級呪物を配信したら伝説になった 1 (HJ文庫 ひ 07-01-01)感想
「伝説」になった理由は別に「超級呪物を配信した」ことではないのでは……?
読了日:03月06日 著者:昼行燈
60YEARS名馬伝説 下 1954-1993: スーパーホースたちの栄光と遺産60YEARS名馬伝説 下 1954-1993: スーパーホースたちの栄光と遺産感想
上巻に引き続き、各馬の略歴とコラムを併催しながら時代を遡っていく構成。
リアルタイムをギリギリ知っている時代から、「歴史」としてしか知らない時代になっていくので、読み心地に落差がある。グレード制の無い時代は完全に歴史。
戦績や略歴だけでは分からない当時の空気感や特定ファンの想いをコラムから感じられるので、資料としては一定の価値は感じるものの、資料として持つにしても値段はネックだな、とは思う。
読了日:03月06日 著者:
デリバリールームデリバリールーム感想
妊婦を集めたデス(?)ゲーム小説みたいなお話。
正直「ゲーム」的な部分についてはあまり面白く感じれなかった一方で、「出産」「幸せ」に対してのエクスキューズとしては予想外に真っ向なアプローチになっていた。
悪趣味で奇抜な設定の割には、娯楽小説というよりはブンガク寄りな仕上がり。
好きか嫌いかで言えばそんなに好きでもなかったけど、フォーカスする箇所によっては光るところも感じられる作品でしたね。
読了日:03月05日 著者:西尾 維新
妹の迷宮配信を手伝っていた俺が、うっかりSランクモンスター相手に無双した結果がこちらです (角川スニーカー文庫)妹の迷宮配信を手伝っていた俺が、うっかりSランクモンスター相手に無双した結果がこちらです (角川スニーカー文庫)感想
幾らドシスコンキャラとは言え男女が絡むことについてリスナーに認められすぎている等「配信」ものとしての解像度は低く、リスナーもヒロイン配信者が主人公持ち上げ装置になってしまっていてハーレムラノベ感が強め。「人気配信者」という割にはには主人公以外のキャラは弱いかなぁ。
主人公のシスコンキャラクター自体は嫌いじゃないから割と読める一方で、「配信もの」としての要素を期待過ぎると拍子抜けするかな、とは思う。
読了日:03月05日 著者:木嶋 隆太
追放上等! 天才聖女のわたくしは、どこでだろうと輝けますので。 (角川ビーンズ文庫)追放上等! 天才聖女のわたくしは、どこでだろうと輝けますので。 (角川ビーンズ文庫)感想
ヒーローのキャラクターあまり好きになれず。
読了日:03月05日 著者:佐倉 紫
盤上に君はもういない盤上に君はもういない感想
てっきりよく取り上げられる「女性棋士」「奨励会員」の部分がクローズアップされる感じかと思ったら、良くも悪くも予想を裏切られた感じ。
三段リーグという面白くなり易い「美味しい題材」にそこまで傾注させず、群像劇として、一人の女性棋士の人生を浮かび上がらせていく手法には感心しましたね。
「女性棋士」の話でも、「奨励会員」の話でも、「女」の話でも無く、まさに「棋士でも、女性でもある、一人の人間」のドラマだった。
いい作品でした。
読了日:03月04日 著者:綾崎 隼
王都ワンオペゴーレムマスター。まさかの追放!?~自由の身になったので弟子の美人勇者たちと一緒に最強ゴーレム作ります。戻ってこいと言われてももう知らん!~王都ワンオペゴーレムマスター。まさかの追放!?~自由の身になったので弟子の美人勇者たちと一緒に最強ゴーレム作ります。戻ってこいと言われてももう知らん!~感想
ゴーレムとは?(哲学)
読了日:03月04日 著者:レルクス
花嫁を略奪された俺は、ただ平穏に暮らしたい。 (角川スニーカー文庫)花嫁を略奪された俺は、ただ平穏に暮らしたい。 (角川スニーカー文庫)感想
ドラマ的なモチーフである「結婚式で花嫁を奪われた」新郎の略奪された後の物語。
元婚約者の妹との重めな恋愛劇であり、自分勝手な花嫁・略奪者のザマァ劇で、今の時代的には「婚約破棄もの」フォーマットを現代劇に流用したもののようにも思えるかな?
現代劇にしたおかげで多少目先が変わってはいるけど、全体的にはそこまでのインパクトはないかな。
読了日:03月03日 著者:浜辺 ばとる
【相談スレ】ワイ悪の組織の科学者ポジ、首領が理不尽すぎてしんどい【相談スレ】ワイ悪の組織の科学者ポジ、首領が理不尽すぎてしんどい感想
お人好し高スペック天才科学者残念キャラの主人公と、それを取り巻く悪の組織メンバーとのドタバタ、敵対する正義の変身ヒロインとのラブコメ等を描く作品。
一見するとロミジュリ的な構図のように思えるものの、コメディをベースとして楽しく描きながら、要所要所でシリアスを入れながらキッチリとドラマ的な落とし所も用意されてる。
いい作品でしたね。好きです。
読了日:03月03日 著者:西 基央
ミリしら転生ゲーマー ~1ミリも知らないゲームの世界に転生したけど全力で原作を守護ります~ 01ミリしら転生ゲーマー ~1ミリも知らないゲームの世界に転生したけど全力で原作を守護ります~ 01感想
全く知らないゲームらしき世界に転生した主人公がメタ読みとかで自分の運命を切り開こうという作品。
この作者さんらしく世界観設定がしっかりとしているので、面白さを担保する足場が強い。
「知らない世界」だからこそ思惑が外れたり、想定した方向と違う展開になったり、歪な成長をしていたりする流れが面白く、説得力がある。
単巻で考えても、最後の落とし方が上手い。良い作品でした。続きが楽しみです。
読了日:03月03日 著者:ウスバー
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。9最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。9感想
事件解決編。事件発生→黒い内情・謎→事件解決して旅へ、という流れが繰り返されてる気がするので、もう少し目先を変えたゆるくてハートフルな展開になってくれてもええんやで。
読了日:03月03日 著者:ほのぼのる500
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。8最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。8感想
洗脳とか記憶に干渉とか、そういう展開が続くなぁ、という印象。
読了日:03月02日 著者:ほのぼのる500
アラサーがVTuberになった話。4アラサーがVTuberになった話。4感想
女性キャラだけじゃなくて男性キャラの先輩に見せ場があって、しっかりとかっこいいのがとても良い。
読了日:03月01日 著者:とくめい

読書メーター

Xで見掛けた「ライトノベル・オールタイム・ベスト100」を読んでの雑感

めっちゃ久々に読書まとめの貼り付け以外の記事。
Xで見掛けた記事について。

kazenotori.hatenablog.com

上の記事を読んで自分なりに100選を選んでみようかとも思ったけど、「客観的な評価・立ち位置」で選んでいくとかなりの数が被ってしまうだろうし、結果的に同じようになってしまうリストを作る理由はないよな、と思ってしまった。
まあ、自分が作っても8割くらいは被りそうな感じなので当該記事の一覧に対してあまり文句は無いんだけど、あえて追加・入れ替えするとしたらこの辺かなぁ。

角川映画」でのラノベアニメの源流としてアルスラーン戦記」「風の大陸辺り。まあ、この辺の劇場版アニメあくまでニッチ需要で終わったから選に入らなくても全然おかしくはない。
ラノベ原作地上波アニメ」「テレビアニメの製作委員会方式」の元祖としての宇宙一の無責任男(無責任館長タイラー)」は欲しい。
「SFとラノベをダイレクトに繋いだ」「WOWOWアニメにおける小説原作アニメの元祖」という意味で星界シリーズ」星界以降、リウイフルメタ棄てプリキノの旅まぶらほトリニティ・ブラッド等々、WOWOWラノベ原作アニメが元気だった時代があった。
富士見ミステリー文庫」の代表作・テレビアニメ化作品として、あるいは2010年代初めにあったミステリラノベ(あるいは黎明期ライト文芸)のテレビアニメ化が続いた時期の初期作品としてGOSICK -ゴシック-」。この辺は、まあ「砂糖菓子~~」を選んだから外したんだろう感があるし、後者の文脈でも古典部があるしなぁ。
あとは、まあ、2010年代後半以降のWeb小説作品で本好きの下剋上を入れないのは疑問かなぁ。

以下、取扱いが難しそうな辺りの雑感。
 
角川スニーカーの源流である青帯を象徴する作品として小説版「機動戦士ガンダム」が入っていないけど、この辺のノベライズ作品の取り扱い方が難しい。
そういやZガンダムやZZのノベライズとかと違って、「機動戦士ガンダムUC」なんかは明らかな小説先発作品のはずなのに、不思議とラノベ年表みたいな話題で出てこないな……
 
90年代ラノベ、「蓬萊学園」が入ってて「ソードワールドノベル」が入っていない辺り、「ゴクドー君」「フォーチュン・クエスト」が入っていて「クリスタニアシリーズ」「ヤマモト・ヨーコ」「ロスト・ユニバース」が入っていない辺り、ここらをどう選ぶかどうかが選者の好みかだよなぁ。
後はあかほりさとる作品として「セイバーJ」が入っていて、あの当時のあかほりさとる作品群は確かな存在感があったけど、じゃあその中から代表作を1作品選べって言われたら割と困るところはある気がするよなぁ。多分、爆れつハンター、MAZE、セイバーのどれかって感じになるんだろうけど爆れつやセイバーってメディアミックス色が強すぎるし、じゃあMAZEかというと、うーん。
 
主流じゃないレーベルから出た大ヒット作として「デルフィニア戦記」、あるいは第一回センス・オブ・ジェンダー賞受賞でめっちゃ売れてた「スカーレット・ウィザード」とかの茅田砂胡作品の取り扱って難しいよな、って。
 
田中芳樹作品として銀英伝だけが入っているけど、前述の「アルスラーン戦記」とか一般文庫ランキングに混じって常に上位に入るレベルで売れてた「創竜伝」とかの扱いが難しい。
テレビアニメ化してる「薬師寺涼子の怪奇事件簿」なんかよりはその辺の方が悩ましいよなぁ。
 
KAエスマ文庫作品群をどのように扱うかが難しい問題はある。アニメが売れてても、ラノベ原作感は薄いんだよなぁ。
KAエスマ文庫作品じゃない京アニ作品の原作小説として「響け!ユーフォニアム」とか、この辺についてもあまりラノベ作品としての文脈で語られることは少ないよな気がする。レーベルも宝島社文庫だからってのもあるんだけど、宝島社文庫ってライト文芸っぽい作品も多いし、何とも言えないポジションだよなぁ。
 
ボカロ小説の代表作として最初期の「悪ノ娘」を入れているのは理解できるだけに、そこが入ると「カゲロウデイズ」辺りが外れるんだよな……
 
「AURA」よりも「人類は衰退しました」を選んだ方が無難だとは思うけど、この辺は私情で選んでいる感があってとても良いと思います。
 
異世界グルメ」ものの代表例として挙げられてるのは「異世界居酒屋「のぶ」」じゃなくて「異世界食堂」になってるけど、まあ選ぶならどっちか1作だけになるよなぁ。
 
「自分が好きな作品」寄りの作品として「BLOODLINK」「円環少女」が挙がっているけど、ロリラノベ四天王(あるいは三大)みたいな扱いをされていた前2作や「紅」「SHI-NO」「ロウきゅーぶ」が入っていないんですね。
仮に入れるとしたらロウきゅーぶ辺りになるんだろうけど、この辺のロリ需要って局地的なものと言えば局地的なものだし、中々悩ましい。
 
近年の作品に関しては「そこ入れんのか?」と思う部分が無くも無いけど、まあ、その辺は選者の好みかなぁ。
 
そんな感じ。
Twitterのつぶやきをまとめたような取り留めない感じになってしまったけど、まあ、読んでる人もほとんどいないようなブログだし構わんだろう。
以上。
 

2024年2月の読書まとめ

2024年2月の読書まとめ。読書メーター調べ。
計80冊、1日約2.76冊ペース。
ライトノベル61冊、ジュブナイルポルノ11冊、一般文芸・ミステリ2冊、美術関連書2冊、競馬本3冊、声優エッセイ本1冊。
ジュブナイルポルノが多目。

2月の読書メーター
読んだ本の数:80
読んだページ数:23462
ナイス数:337

宝石神殿のすてきな日常宝石神殿のすてきな日常感想
宝石についての蘊蓄も多くなく、「宝石」という要素が上手く生かされてれるとは思えなかった。僕には合いませんでしたね。
読了日:02月29日 著者:色石 ひかる
リスナーに騙されてダンジョンの最下層から脱出RTAすることになった (Kラノベブックス)リスナーに騙されてダンジョンの最下層から脱出RTAすることになった (Kラノベブックス)感想
シチュエーション自体は割と絶望的な状況なんだけど、主人公がファンキーな性格しているおかげでテンポ感も良く、掛け合いも楽しく、まったく暗くならずに読める。
主人公のキャラ造形の大勝利。
読了日:02月28日 著者:恋狸
できるメイド様 (B’s-LOG Presents)できるメイド様 (B’s-LOG Presents)感想
「スペックが高い主人公」ものが好きなので読んでみた。
能力の生え方がかなりご都合主義もいいところだけど、事態を快刀乱麻する主人公の活躍自体は非常に楽しい。
一方で「正体を明かせない」という状況のせいで、一部もどかしい部分もあり、個人的には好きな部分と好きじゃない部分の明暗がはっきりしていた印象。
まあ、総合的には楽しめました。
読了日:02月27日 著者:Yuin
ダンデライオンダンデライオン感想
一時的に過去の自分と人格・記憶が入れ替わる、疑似タイムリープもの。
実に綺麗にまとまっている一方で、真相や展開にはそこまでの驚きや意外性は無く、納得感がある一方で「長編」としてみると食い足りなさはある。
面白かったことは確かだけど、話のボリューム的には中編くらいにまとめてくれたら満足度が上がった気がしますね。
読了日:02月27日 著者:中田 永一
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。7最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。7感想
おやこに、なりました。
読了日:02月26日 著者:ほのぼのる500
男子禁制ゲーム世界で俺がやるべき唯一のこと4 百合の間に挟まる男として転生してしまいました (MF文庫J)男子禁制ゲーム世界で俺がやるべき唯一のこと4 百合の間に挟まる男として転生してしまいました (MF文庫J)感想
前巻に引き続き姉妹話を引っ張るとは、良いか悪いかはさておき意表は突かれた。
しかし、「百合ゲー世界の中で不本意にハーレム状態になっていく百合豚主人公」という図式だけでいいのに、色んな設定を盛り込み過ぎた結果としてどんどん読みづらくなっている気はするかなぁ。
読了日:02月26日 著者:端桜 了
冬嵐記 福島勝千代一代記 (モーニングスターブックス)冬嵐記 福島勝千代一代記 (モーニングスターブックス)感想
戦国時代としてもあまりメジャーじゃない時代・地方の話で、虐待されているため様々な情報も限定的で「知らない人物達の知らない話」が続く感じになっており、「聞いたことのある・知っている歴史上の人物出来事が出てくる」という戦国転生ものとしての「面白さの取っ掛かり」に欠けている。更に「虐待生活から生き延びようとする・どうにかしようとする」という暗い話が遅い展開のまま続くので、素直に楽しいと思える瞬間が少ない。
何だか全体的にピントが合わないまま話が進んでしまった印象だけど、次巻で描写される世界が広がることを期待。
読了日:02月25日 著者:
星美くんのプロデュース: 女装男子でも可愛くなっていいですか? (vol.3) (ガガガ文庫 ガゆ 2-5)星美くんのプロデュース: 女装男子でも可愛くなっていいですか? (vol.3) (ガガガ文庫 ガゆ 2-5)感想
最終巻。
過去のトラウマ、トラウマの原因、「カワイイ」自分でいること、女装している自分、心寧との関係性、等々やり残したことが無いくらい一通りのことにしっかり決着をつけて終わっていて感心した。ここまで綺麗にまとめられると満足度が非常に高い。
いいシリーズでしたね。次回作も期待しています。
読了日:02月25日 著者:悠木 りん
召喚スキルを継承したので、極めてみようと思います! ~モフモフ魔法生物と異世界ライフを満喫中~1 (MFブックス)召喚スキルを継承したので、極めてみようと思います! ~モフモフ魔法生物と異世界ライフを満喫中~1 (MFブックス)感想
「スキル」や「召喚」について、随所で設定の粗さは感じたけど、「モフモフがあれば許せる」という広い心で受け入れればそれなりに満足できた。
読了日:02月25日 著者:えながゆうき
モブだけど最強を目指します! ~ゲーム世界に転生した俺は自由に強さを追い求める~1 (MFブックス)モブだけど最強を目指します! ~ゲーム世界に転生した俺は自由に強さを追い求める~1 (MFブックス)感想
「ゲーム世界のモブに転生」という導入自体はもう珍しいものじゃないだけにこの作品ならではのセールスポイントになりえていないし、「ゲーム世界」としてのゲームバランス・設定などもそこまで作り込んでいないディテールの甘さを感じる。
個人的な好みとズレているキャラクターにも魅力を感じれなかったので、正直全体的にイマイチでしたね。
読了日:02月25日 著者:反面教師
お兄様は、怪物を愛せる探偵ですか?: ~とぐろを巻く虹~ (2) (ガガガ文庫 ガつ 2-27)お兄様は、怪物を愛せる探偵ですか?: ~とぐろを巻く虹~ (2) (ガガガ文庫 ガつ 2-27)感想
事件の真相自体は想定の範囲内で驚きはなかったけど、イヤミスのようなビターな後口は好き嫌いはさておき印象には残る。
「オカルトもの」であるおかげで自然にループ展開などの変化球を投げられるあたり、この作品の強みだと思いますね。
結末の後味はさておき、やはりこのシリーズ好きです。
読了日:02月24日 著者:ツカサ
セックスレス妻 快楽堕ち 女友達に誘われたハプニングバーで (フランス書院eブックス)セックスレス妻 快楽堕ち 女友達に誘われたハプニングバーで (フランス書院eブックス)感想
タイトルとあらすじから予想される内容からまるでズレることなく、予想・想像・期待通りの内容のものが読めたので満足感はある。
ただまあ、「堕ちた」後の展開については破滅や托卵とかで好みがあるのは確かなので、そこに特定のこだわりがある人以外は納得するんじゃないですかね。
読了日:02月24日 著者:一柳 和也
底辺探索者は最強ブラックスライムで配信がバズりました! ~ガチャスキルで当てたのは怠惰な人気者~ (ダッシュエックス文庫)底辺探索者は最強ブラックスライムで配信がバズりました! ~ガチャスキルで当てたのは怠惰な人気者~ (ダッシュエックス文庫)感想
現代ダンジョン配信もの。
スキルの性能とかドロップ率とかで設定の粗さを感じるところはあったけど、キャラクター造形などがかなりコメディタッチに描かれているのでディテールの粗さをそこまで気にしないで読める。
ヒロインキャラが色物でコメディ的には楽しいし、ブラックスライムのマスコット感は好き。
細かいことを気にせず勢いで読む分にはそれなりに好きかもしれませんね。
読了日:02月24日 著者:御峰。
勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 4 (アリアンローズ)勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 4 (アリアンローズ)感想
3巻を読んでからずいぶん長い間積んでしまっていて、導入部分から上手く思い出せなかったから前の巻をサラッと目を通して何とか読み進めることが出来た。
シリーズ通しての感想として、面白いかどうか好きかどうかで言えば僕個人には刺さらなかったそんなに刺さらなかったけど、完結まで描いてるところは素直に評価できる。
その一方でタイトルや1巻導入から予想できないところに着地してしまった感があるので、その辺についての評価が難しいかな、とは思いました。
まさしくタイトルのように「なんか思ってたのと違う」作品でしたね。
読了日:02月23日 著者:玖洞
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。6最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。6感想
本人の与り知らぬところでのザマァ展開。
読了日:02月23日 著者:ほのぼのる500
疎遠になっていた幼馴染(彼氏あり)をセフレにしてみた【新条姉妹編】 (フランス書院eブックス)疎遠になっていた幼馴染(彼氏あり)をセフレにしてみた【新条姉妹編】 (フランス書院eブックス)感想
幼馴染男君、やってることはハーレム系ラブコメ主人公にありがちな鈍感・無神経・意地張りムーブではあるんだけど、NTR男が現れることによってそれらの嫌なところが可視化されて心から寝取られていく流れは一種痛快ではあるし、背徳感のあるエロさがとても良い。
幼馴染姉妹によって許されて甘えてきた幼稚さの報い。
読了日:02月23日 著者:水鏡
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。5最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。5感想
最序盤のハードモードや人間不信やスパイ満載展開はどこにいったかというレベルのハートフルな話になってきた。
読了日:02月23日 著者:ほのぼのる500
クラスの優等生を『妹』にする約束をした。どうやらいっぱい甘えたいらしい。 (ファンタジア文庫)クラスの優等生を『妹』にする約束をした。どうやらいっぱい甘えたいらしい。 (ファンタジア文庫)感想
「家族契約」周り設定の強引さは感じるし、主人公が受け入れるまでの流れに分かり易い明確な切っ掛けが描かれないせいでご都合主義を感じてしまう。
ただまあ、イラストは好きです。
読了日:02月22日 著者:氷高 悠
職業、仕立屋。淡々と、VRMMO実況。2職業、仕立屋。淡々と、VRMMO実況。2感想
NPCキャラの魅力が高い。
読了日:02月21日 著者:わだくちろ
転生アラサー女子の異世改活 1 政略結婚は嫌なので、雑学知識で楽しい改革ライフを決行しちゃいます! (HJ NOVELS HJN 82-01)転生アラサー女子の異世改活 1 政略結婚は嫌なので、雑学知識で楽しい改革ライフを決行しちゃいます! (HJ NOVELS HJN 82-01)感想
転生後の不遇な環境から脱却しようと知識チートでアレコレする話。
オリジナリティはさておき、「そういう系統の作品」として手堅い面白さはあった。
読了日:02月21日 著者:清水ゆりか
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。4最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。4感想
保護者な同行者ができました。
読了日:02月21日 著者:ほのぼのる500
「ここは任せて先に行け!」をしたい死にたがりの望まぬ宇宙下剋上2「ここは任せて先に行け!」をしたい死にたがりの望まぬ宇宙下剋上2感想
設定は全体的な流れは嫌いじゃないけど、やはり主人公のキャラクターには好きに成り切れないところがあるし、展開の遅さを感じる。
読了日:02月20日 著者:のらしろ
毎晩ちゅーしてデレる吸血鬼のお姫様 (GA文庫)毎晩ちゅーしてデレる吸血鬼のお姫様 (GA文庫)感想
表題通りのキャラとイチャイチャする糖度高目ラブコメ
小動物っぽくて懐いてくるヒロインが可愛かった。満足。
読了日:02月19日 著者:岩柄イズカ
剣と魔法と学歴社会 ~前世はガリ勉だった俺が、今世は風任せで自由に生きたい~ (カドカワBOOKS)剣と魔法と学歴社会 ~前世はガリ勉だった俺が、今世は風任せで自由に生きたい~ (カドカワBOOKS)感想
話の筋自体はさほど珍しいものじゃない一方で、設定や展開のディテールに気になるところが多い。
うーん、こういう感じになるならもうちょっとコメディ寄りに振ってくれた方が良かった気はしますね。
読了日:02月18日 著者:西浦真魚
堕淫マンション 媚母娘を寝取る (リアルドリーム文庫)堕淫マンション 媚母娘を寝取る (リアルドリーム文庫)感想
邪険にしてくるようになっていた美しい幼馴染を母娘共々寝取る話。
最初の「幼馴染」の当たりが強かったため「復讐」に至るまでには一定の納得感があるし、非処女キャラなので「不条理な理由で初めてを奪われる」という訳でもないので、全体的には良くも悪くも罪悪感弱めで読める。
ただ、あれだけ嫌悪すらしている主人公に簡単に薬を盛られたり、媚薬の反応から自分がドMだと勘違いするところなど、母娘が揃ってチョロすぎるので背徳感や堕としていく達成感は弱め。
んー、まあ、正直そこまで好みなところはないかな、という印象です。
読了日:02月18日 著者:北條拓人,月猫
婚約破棄されると思ってその後の準備を進めていたのですが、なんだか様子がおかしいです (e-ノワール)婚約破棄されると思ってその後の準備を進めていたのですが、なんだか様子がおかしいです (e-ノワール)感想
かなり駆け足気味に「婚約破棄されると思ってその後の準備を進めていたのですが、父親の断罪後も溺愛されています(濡れ場もあるよ!)」という内容が描かれている。本当に前述した以上の内容も無いし、ページ数が少ないこともあって薄味で、あまり語るほどのものはないかな。
読了日:02月18日 著者:四季 夏果
不遇皇子は天才錬金術師2~皇帝なんて柄じゃないので弟妹を可愛がりたい〜不遇皇子は天才錬金術師2~皇帝なんて柄じゃないので弟妹を可愛がりたい〜感想
相変わらず不遇生活ではあるけど、弟妹との関係は良化しているので、その辺の空気感は良くなって読み易くはなっている。
読了日:02月18日 著者:うめー
ふつおたはいりません!2 ~崖っぷち声優、ラジオで人生リスタート!~ (電撃の新文芸)ふつおたはいりません!2 ~崖っぷち声優、ラジオで人生リスタート!~ (電撃の新文芸)感想
「長い間新作が作られなかった原作付きアニメの新作が作られることになったけど声優は一新」という現実でもあり得る事例を扱いつつ、恋愛関係、相方に仕事を奪われるという印象的なエピソードを入れ込みつつ上手く捌いている。
「付き合う」ことは悩みつつも、「女同士」であること自体にはさほど重く考えていない辺りは「そういう世界・キャラクター」だからなのか「そういう時代性だから」なのか、ちょっと気になるポイントでしたね。
まあ、何だかんだ面白かったです。続きも楽しみ。
読了日:02月18日 著者:結城 十維
俺と君達のダンジョン戦争俺と君達のダンジョン戦争感想
天真爛漫ヤンデレ系人間凶器ヒロインと猛獣使い系主人公のキャラクター性が強い。
随所で大味な部分はあるんですが、展開の早さと勢いで押し切れてしまっている気がする。
出来の良し悪しはさておき、好きか嫌いかで言えば割と好きでした。
読了日:02月17日 著者:トマルン
冒険者酒場の料理人 (GAノベル)冒険者酒場の料理人 (GAノベル)感想
異世界転移料理ものだと、「日本の〇〇と同じ味がする食品が偶然存在する」「過去の転移者が持ち込んだ〇〇が普及している」「現代日本の食品は何らかの方法で補給される」みたいな処理をしがちなだけに、本作のような「異世界らしい食材があり、試行錯誤して食べられるようにする」というアプローチは「異世界」の解像度を上げることに繋がるので実に良かった。
家族ドラマ的な描写も素敵だったし、とても良い作品でした。続きも出て欲しいですね。
読了日:02月17日 著者:黒留ハガネ
かませ犬転生 ~たとえば劇場版限定の悪役キャラに憧れた踏み台転生者が赤ちゃんの頃から過剰に努力して、原作一巻から主人公の前に絶望的な壁として立ちはだかるような~ (電撃の新文芸)かませ犬転生 ~たとえば劇場版限定の悪役キャラに憧れた踏み台転生者が赤ちゃんの頃から過剰に努力して、原作一巻から主人公の前に絶望的な壁として立ちはだかるような~ (電撃の新文芸)感想
ん-、主人公の目的・やりたいことがイマイチ曖昧で、どうしてその行動・判断をしているのかしっくりこないところが随所である。
タイトルに象徴される設定周りを、主人公の魅力や行動原理に上手く落とし込めていない印象。
読了日:02月17日 著者:一ノ瀬 るちあ
大学入学時から噂されていた美少女三姉妹、生き別れていた義妹だった。 (GA文庫)大学入学時から噂されていた美少女三姉妹、生き別れていた義妹だった。 (GA文庫)感想
最初から好感度マックスなライトさ、ベタなヒロイン造形、こういう作品だと割り切って読む分には、まあ。
ただ個人的な好みとして、イラストがあまり好きに成れなかったのでその分印象としては減点かな。
読了日:02月17日 著者:夏乃実
ゲーム世界転生〈ダン活〉08〜ゲーマーは【ダンジョン就活のススメ】を〈はじめから〉プレイする〜ゲーム世界転生〈ダン活〉08〜ゲーマーは【ダンジョン就活のススメ】を〈はじめから〉プレイする〜感想
Web版既読。仔猫様とタバサ先輩がイラスト化されただけで満足してしまったところはある。
タバサ先輩が予想以上に好みのビジュアルで嬉しい誤算。
読了日:02月17日 著者:ニシキギ・カエデ
特殊ギフト「亜空間ホテル」で異世界をのんびり探索しよう2 (アース・スターノベル)特殊ギフト「亜空間ホテル」で異世界をのんびり探索しよう2 (アース・スターノベル)感想
前巻から引き続き設定や展開などは大味。
ただ「進化して出来ることが増えていく楽しさ」もあるので、1巻が好きだった人なら悪くないんじゃないですかね。
逆に言えば1巻が合わなかった人は継続する必要が無い内容。
読了日:02月17日 著者:風と空
深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)感想
声優・歌手である水樹奈々さんの自伝。
水樹さんが「芸能人御用達の堀越学園出身」であることは知っていたので「情けない皆勤賞だった」という書き出しが印象的。たった一行で状況と想いを簡潔に伝えられる印象的な名文。
内容は演歌歌手を目指した幼少期から上京しての学生時代から下積み時代の話が大半を占めており、特殊で複雑な環境の中での自身の想いが切々と綴られているのでしみじみと伝わってくる。
一方で声優・歌手として成功していく時期の描写が乏しく「声優の物語」としては解像度が低く、自叙伝として描かれる時期の濃淡が激しい。
読了日:02月16日 著者:水樹奈々
ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います (ビーズログ文庫)ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います (ビーズログ文庫)感想
幸福が訪れるのを待つのではなく、自分から積極的に幸せを掴みにいくアグレッシブな主人公のキャラクターがとても良い。
更に家族に恵まれずに不遇な生活を送っていたヒーローが、主人公とその家族に愛を与えられて救われていく展開は温かい。
ゲーム世界転生要素や婚約破棄ものとしての元婚約者へのザマァなど、ベタな展開は多かったけど、全体的に手堅くまとまっていて面白かったです。
読了日:02月16日 著者:宝 小箱
ご近所JK伊勢崎さんは異世界帰りの大聖女 ~そして俺は彼女専用の魔力供給おじさんとして、突如目覚めた時空魔法で地球と異世界を駆け巡る~ (電撃の新文芸)ご近所JK伊勢崎さんは異世界帰りの大聖女 ~そして俺は彼女専用の魔力供給おじさんとして、突如目覚めた時空魔法で地球と異世界を駆け巡る~ (電撃の新文芸)感想
おじさん主人公が力を失った異世界帰り女子高生大聖女の都合のいい人になって重い女に隠れ溺愛される話。
読了日:02月16日 著者:深見 おしお
悪役令嬢としてヒロインと婚約者をくっつけようと思うのですが、うまくいきません…。 2 (ビーズログ文庫アリス)悪役令嬢としてヒロインと婚約者をくっつけようと思うのですが、うまくいきません…。 2 (ビーズログ文庫アリス)感想
んー、結局は空回りする主人公に婚約者君が振り回されただけって感じでしたね。空回りするところを可愛く感じる瞬間が無いとは言わないまでも、過ぎたるは及ばざるが如し。
読了日:02月15日 著者:枳莎
ハブられルーン使いの異世界冒険譚 (GCN文庫 オ 02-01)ハブられルーン使いの異世界冒険譚 (GCN文庫 オ 02-01)感想
あとがきで「ラノベにも濡れ場をガッツリ書いてたらエロくて嬉しいやん?」「面白い作品に更にエロがあったら嬉しいやん?」的なことを書いてある通り、性交シーンの細部が描写されてるタイプの作品。
僕はそういうエロを読みたい時にはジュブナイルポルノを読んでいるためラノベレーベルにそういうものを求めておらず、本作のようにエロ描写にページ数を食われた結果「追放された異世界転移者の物語」として中途半端になっている作品には否定的な印象にはなる。
ラノベで軽々に「ラノベを超えたエロ描写」を入れるのは短慮だと思うんですけどね。
読了日:02月14日 著者:黄金の黒山羊
呪われた龍にくちづけを2 ~新米侍女、借金返済のためにワケあり主従にお仕えします!~下 (MFブックス)呪われた龍にくちづけを2 ~新米侍女、借金返済のためにワケあり主従にお仕えします!~下 (MFブックス)感想
1巻でもそんなにしっくりした感じではなかったけど、突っかかって来るだけで有能さがあまり見えてこない側近キャラなどを含めてキャラクターへの好感度が上がらず、謀略劇的な面白さもイマイチで、「異能」的な要素も作品の魅力を押し上げるものにはなっていない印象。少女向けレーベルの作品に比べると良い意味での軽快さに欠けるし、恋愛描写やキャラクター描写でも気になるところが出てきた印象はあるかなぁ。
全体的に1巻よりも更に好みと合わないものになってしまった感じで読み切るまでが重かった。こうなると続巻を読むか悩ましい。
読了日:02月14日 著者:綾束 乙
噛みあわない会話と、ある過去について噛みあわない会話と、ある過去について感想
相互不理解、自己正当化、正常化バイアス等様々な理由にとって生み出される「嚙みあわない」関係性を軸に描かれるディスコミュニケーション短編集。
端正な筆致で描かれる時間をかけて醸成された重い情念が胸に突き刺さる。
これらには一種ホラー的な怖さがあったけど、何より怖いのがこれらの恐怖を生み出している愚かしさ・歪み・怒り等の感情が決して特別なものじゃなくて、僕らのような平凡な人間も当然のように持ち得る普通過ぎる感情であるということだよな、と。
三者視点だから娯楽として読めてるけど、当事者になりえる可能性の恐怖。
読了日:02月13日 著者:辻村 深月
カリグラファーの美文字異世界生活 ~コレクションと文字魔法で日常生活無双?~1 (MFブックス)カリグラファーの美文字異世界生活 ~コレクションと文字魔法で日常生活無双?~1 (MFブックス)感想
カリグラフィーに焦がれた主人公が異世界転移した主人公が文字魔法に目覚めて、という導入までは悪くないんだけど、それ以降の展開がイマイチ。
異世界で困難に直面した主人公が文字魔法を使って乗り換えるという展開だけならいいんだけど、文字魔法で解決するのが難しい問題にぶつかった時に「文字魔法を工夫してどうにかする」という展開にならずにその困難に対応した「〇〇魔法」みたいなのが雑に生えてきて解決する展開が繰り返されて正直ゲンナリする。
そういう短絡的な解決するのは工夫が足りない印象を受けますね。2巻読むかは、うーん。
読了日:02月13日 著者:磯風
もっと知りたいベラスケス ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたいベラスケス ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
「有名画家の生涯」と言うと奇矯なエピソードや世間に認められない苦難・挫折、悲運の人生などがありがちなだけに、「生前に画家としての高い評価を得て、社会的な地位も名誉も得て、転落することなく輝かしい人生を生き抜いた」というベラスケスの人生は逆に目新しい新鮮味すら感じる。
肖像画が有名な画家である」という事実だけでも、西洋絵画が物語画・宗教画がメインだった時代から肖像画・風俗画・静物画などが認められていくことになる「バロック時代」に移り変わっていく端境期を象徴する画家の一人なんだろうな、と感じさせます。
読了日:02月12日 著者:大高 保二郎,川瀬 佑介
白魔女さんとの辺境ぐらし 2 ~最強の魔女はのんびり暮らしたい~ (カドカワBOOKS)白魔女さんとの辺境ぐらし 2 ~最強の魔女はのんびり暮らしたい~ (カドカワBOOKS)感想
1巻以上にラブマシマシ。強烈な面白さがある訳でもないけど、居心地のいい展開が続くのがとても良かった。
読了日:02月12日 著者:門司柿家
ほのぼの異世界転生デイズ ~レベルカンスト、アイテム持ち越し! 私は最強幼女です~ 3 (MFブックス)ほのぼの異世界転生デイズ ~レベルカンスト、アイテム持ち越し! 私は最強幼女です~ 3 (MFブックス)感想
駆け足で物語に小粒な区切りをつけた感じ。
仮にこれで完結であるなら、あまり満足のいく終わり方ではなかったかな。
総合的には「レニにおまかせあれ!」という愛嬌ある主人公のキャラクター性とイラストデザインだけは好きで読み続けたシリーズでしたね。
読了日:02月12日 著者:しっぽタヌキ
ダンジョンに潜むヤンデレな彼女に俺は何度も殺される2 (MFブックス)ダンジョンに潜むヤンデレな彼女に俺は何度も殺される2 (MFブックス)感想
んー、一つ一つの展開自体はそれなりに読めるんだけど、平気でそれまでの積み重ねをリセットするような展開を繰り返されるので、何だか読み終わった後の徒労感がある。
この手の「ループが上手くいって積み重ねることが出来てたけど残念!また最初っからやり直し!」ってやり口は1度くらいならパンチになるけど、何度も繰り返して「結局前に進めているかわからない」状況に留まってしまうのはあまり上手くないよね……
読了日:02月11日 著者:北川 ニキタ
男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?2 (角川スニーカー文庫)男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?2 (角川スニーカー文庫)感想
具体的な性交シーンを描かないラインでのエロチキンレース
読了日:02月11日 著者:みょん
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(18) (モンスター文庫 Mす 01-18)宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(18) (モンスター文庫 Mす 01-18)感想
最終巻。
魅力あるヒロインが多かっただけにハーレム肯定派の僕としてはこの落としどころはとても好きでしたし、主人公が「異世界転移」することになった経緯・目的について、最後の最後でちゃんと合理的な理由が説明されたことには感心しました。
シリーズ全体で見ると細かいところで気になるところは無くもなかったけど、最後の終わり方がとてもよく、終わり良ければ総て良し的な満足感がありましたね。
お疲れさまでした。次回作も期待しています。
読了日:02月11日 著者:すずの木くろ
異世界のすみっこで快適ものづくり生活2 ~女神さまのくれた工房はちょっとやりすぎ性能だった~ (電撃の新文芸)異世界のすみっこで快適ものづくり生活2 ~女神さまのくれた工房はちょっとやりすぎ性能だった~ (電撃の新文芸)感想
んー、「竜がやってきて懐かれる」「高貴な身分の種族に仕えていた鬼族が使用人になる」みたいな某作品がチラつくような要素・展開が頻発してくる点には苦笑いしてしまうところはある。
まあ、そういう点を除けば珍獣キャラポジションの中二闇使いちゃんは面白いキャラクターしているし、テンポ感よく発展していく流れ自体は嫌いじゃない。
ブコメ的な描き方がやや中途半端に感じるところはあるにせよ、好きか嫌いかで言えばそれなりに好きなだけに、偶然にせよ意図的にせよ某作品がチラつくような展開が減ることを祈ります。
読了日:02月11日 著者:長田 信織
名馬たちに教わったこと~勝負師の極意III~名馬たちに教わったこと~勝負師の極意III~感想
武豊が何頭かの思い出深い馬について語る話。
騎手本人から語られる想いや考えなどには一定の面白さが無い訳じゃないけど、文字が大きめで、文章が良くも悪くも平易で、情報量としてはさほど多くないので良くも悪くもインスタント的。
まあ、本業じゃない人が書いた本として考えるとそう悪い本ではないけど、人に勧めたり・手元に置いていきたい本かと言うとそうでもない、という印象かな。
読了日:02月11日 著者:武 豊
異世界のすみっこで快適ものづくり生活 ~女神さまのくれた工房はちょっとやりすぎ性能だった~ (電撃の新文芸)異世界のすみっこで快適ものづくり生活 ~女神さまのくれた工房はちょっとやりすぎ性能だった~ (電撃の新文芸)感想
異世界に飛ばされて、辺境で村づくり・物づくりをしながらスローライフというタイプの作品。
んー、「神様から貰った万能アイテム」「凶悪な魔物が住んでいるので開拓できない森」「強度が強すぎて貴重な木材」「強力な魔獣が仲間になって村の開発に貢献してくれる」「エルフなどの村に住む協力者が増える」「転生させてくれた神様を敬っていて神像を作ったりする」みたいな様々な要素がアニメ化もした某作品を思い出させる。
短絡的に「パクリ」とまではいわないまでも、もう少しやりようがあったんじゃないかなぁ、とは思ってしまいますね。
読了日:02月10日 著者:長田 信織
もっと知りたい尾形光琳 改訂版 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい尾形光琳 改訂版 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
西洋画から浮世絵に手を広げている最中で、もう一歩興味を広げようと日本の画家として名前を知っている画家である尾形光琳の入門書として手に取ってみた。
やはり水墨画大和絵などの基本的な素養が足りていないので、技巧や魅力についてはすんなりと入ってこないところが多かった。不勉強。一方で尾形光琳が再評価されたのは後世になってからだった、みたいな話は興味深く読めました。
改めて「要勉強」ということを再確認できたことを収穫だと思うしかないですね。ゆくゆくはこういった作品群を楽しめるようになりたい。
読了日:02月10日 著者:仲町啓子
男女比1:5の世界でも普通に生きられると思った? ~激重感情な彼女たちが無自覚男子に翻弄されたら~ (電撃文庫)男女比1:5の世界でも普通に生きられると思った? ~激重感情な彼女たちが無自覚男子に翻弄されたら~ (電撃文庫)感想
エロ同人とかでよく見る、男女比が極端に差が生まれて男が希少になった世界線に迷い込んだ主人公♂の話。
元世界の一般的な価値観・対応が傲慢な男が多いこの世界だと女性を惑わす凶器になるというアイディア自体はこの手の作品では珍しいものではないものの、そこに「重い女」を配置することで「無自覚に地雷を埋め続ける主人公が地雷原でダンスをしている」みたいな危なっかしいスリル感を生み出している。とても楽しい。
地雷女になりつつある女たちがどのようなムーブを見せるのか次巻が楽しみですね。
読了日:02月10日 著者:三藤 孝太郎
わらしべ長者と猫と姫 ~宇宙と地球の交易スキルで成り上がり!? 社長! 英雄? ……宇宙海賊!?~ (カドカワBOOKS)わらしべ長者と猫と姫 ~宇宙と地球の交易スキルで成り上がり!? 社長! 英雄? ……宇宙海賊!?~ (カドカワBOOKS)感想
現代ダンジョン世界において、スキルによってスぺオペ世界と交易するという発想がまず面白い。
そういったカオスな世界設定に加えて、未来猫要素とか、悲惨な境遇のヤンデレヒロインとかの強めのキャラ要素も盛り盛り。
これだけ雑多な濃い要素を色々盛り込むとストーリーテリングで取っ散らかりそうなものだけど、この巻については何とか御しきってまとまっている気がするのでちょっと感心しましたね。
どこにフォーカスするのか、設定を放置しないかで今後の舵取りも難しいとは思いますが、今巻については満足です。次巻も買います。
読了日:02月10日 著者:岸若 まみず
【悲報】売れないダンジョン配信者さん、うっかり超人気美少女インフルエンサーをモンスターから救い、バズってしまう【悲報】売れないダンジョン配信者さん、うっかり超人気美少女インフルエンサーをモンスターから救い、バズってしまう感想
近年じりじりと増えているダンジョン配信ものだけど、こういうテンプレ感のある作品が書籍化し始めるとジャンルとして定着しつつあることを感じる。
読了日:02月10日 著者:taki210
競馬の経済学競馬の経済学感想
タイトル通り、競馬にまつわるお金・経済の話をトピックごとに簡潔にまとめられた一冊。
一つ一つの項目が読み易く書かれているけど、体系付けられた知識を身に付けるようなものではなく、個々の雑学を読んでいく感じ。
具体的な固有名詞が出てこない訳じゃないけど、特定の組織・人物・競走馬について深く語るような感じにはなっていないので、そういう点を過剰に期待すると少し物足りないかもしれない。
「経済・お金」というテーマについて広く浅く読みたいというに取っては読み易いし、それなりに良い本だとは思います。
読了日:02月10日 著者:
男子だと思っていた幼馴染との新婚生活がうまくいきすぎる件について3 (角川スニーカー文庫)男子だと思っていた幼馴染との新婚生活がうまくいきすぎる件について3 (角川スニーカー文庫)感想
良くも悪くも手堅い。
読了日:02月09日 著者:はむばね
ライブラリアン1 本が読めるだけのスキルは無能ですか!? (アース・スター ルナ)ライブラリアン1 本が読めるだけのスキルは無能ですか!? (アース・スター ルナ)感想
スキル至上主義の世界で、世間で評価されていないスキルを手に入れた転生主人公が、前世知識からそのスキルを上手く使って成り上がっていくタイプの話。
本来は怠けてしまう気質の主人公が何とか頑張ろうとする姿はそれなりによかった。
読了日:02月09日 著者:南の月
翠桜皇国の仙術使い3 皇女参戦なうえ種付けハーレム旅行に出発なんて本当ですか? (フランス書院eブックス)翠桜皇国の仙術使い3 皇女参戦なうえ種付けハーレム旅行に出発なんて本当ですか? (フランス書院eブックス)感想
一途でベタぼれな皇女が追加。個人的な好みにピンズドなキャラクターで満足度が高かったですね。やはりお嬢様・お姫様属性が好きすぎる。
読了日:02月08日 著者:ネコミコズッキーニ
翠桜皇国の仙術使い2 お嬢様部隊全員種付けハーレムが完成したって本当ですか? (フランス書院eブックス)翠桜皇国の仙術使い2 お嬢様部隊全員種付けハーレムが完成したって本当ですか? (フランス書院eブックス)感想
年下クール系と計算高い小悪魔系がハーレムに追加。それぞれに魅力とエロさがあって無難に良い。
読了日:02月07日 著者:ネコミコズッキーニ
私を王子妃にしたいのならまずは貴方たちが淑女のお手本になってください (サーガフォレスト)私を王子妃にしたいのならまずは貴方たちが淑女のお手本になってください (サーガフォレスト)感想
導入やガワは婚約破棄もののメタ作品と言った感じだけど、読み味は「主婦の家事を軽く見る夫や息子に家事の大変さを体験させて反省させてスッキリ」的な家庭板まとめに近いかな。
コメディ的に描いていることと全てが良い形に納まっている点に救われているところはあるけど、「女は男の苦労を理解しているのに、男は女の苦労を理解していない」という図式になっており、「淑女(女)は大変」という部分が強調されているので、その非対称性が鼻につくところは無くもない。
まあ「女性の大変さ」が理解されないケースが多いのは分かるんですが。
読了日:02月07日 著者:宇水涼麻,SNC
腹ぺこサラリーマンも異世界では凄腕テイマー (ドラゴンノベルス)腹ぺこサラリーマンも異世界では凄腕テイマー (ドラゴンノベルス)感想
妹のような、子供のような、相棒のような、マイルドツンデレドラゴン・シロノちゃんのキャラクターがとても良かった。
読了日:02月07日 著者:一江左かさね
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(17) (モンスター文庫 Mす 01-17)宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(17) (モンスター文庫 Mす 01-17)感想
戦争も終わってヒロインレースが最終盤。
読了日:02月06日 著者:すずの木くろ
翠桜皇国の仙術使い1 エリートお嬢様部隊全員に種付けできるって本当ですか? (フランス書院eブックス)翠桜皇国の仙術使い1 エリートお嬢様部隊全員に種付けできるって本当ですか? (フランス書院eブックス)感想
特殊な能力・事情につき周りから低く評価されてる実は優秀な主人公がエリートお嬢様部隊の指揮官になって、メンバーを救う際に受けた呪いのせいで何だかんだでメンバーのお嬢様達とエロいことする話。アダルトものでありがちで分かり易い展開。
今巻は正統派献身お嬢様とツンデレお嬢様がお相手だけど、個人的にお嬢様キャラ属性が大好きなので満足感があった。
読了日:02月06日 著者:ネコミコズッキーニ
この銀盤を君と跳ぶこの銀盤を君と跳ぶ感想
フィギュアスケートファンの僕もにっこりなリアリティラインで書かれた本格的なフィギュアスケート小説。
「現実のようにロシア選手が不参加にならなかったらこういう世界線がありえただろうな」と思わせる絶妙な解像度で描かれており、「優等生」じゃない選手への風当たりの強さ、アマチュア競技故の難しさと金銭的なハードル、国内リンク事情の厳しさ、等のフィギュアに興味ある人ならどこかで聞いたことのある話を上手く物語に落とし込まれている。更に群像的としてドラマを作り出す筆致も見事。
素晴らしいスポーツ小説でした。面白かった。
読了日:02月06日 著者:綾崎 隼
「膣内射精されないと目覚められない眠り病」が蔓延した世界 絶対托卵×不実受精フェスティバル! (フランス書院eブックス)「膣内射精されないと目覚められない眠り病」が蔓延した世界 絶対托卵×不実受精フェスティバル! (フランス書院eブックス)感想
「眠り病」によって種付けや托卵が社会的に許容されてる、という設定はややもすると背徳感を損ないかねないとも思えるけど、今巻でも無責任に種付け・托卵していく流れはしっかりと背徳感のあるエロスを感じる。いいですね。
読了日:02月05日 著者:生100%
回復職の悪役令嬢 エピソード3 ユニーク職業〈聖女〉クエスト・上 (MFブックス)回復職の悪役令嬢 エピソード3 ユニーク職業〈聖女〉クエスト・上 (MFブックス)感想
うーん、個人的に読みたいものからズレていっている印象はあるけど、下巻まで様子見。
読了日:02月05日 著者:ぷにちゃん
パラダイム・パラサイト 02パラダイム・パラサイト 02感想
んー、懐いてくるキャラに対する邪険な態度をするまでならともかく、内心で切り捨てようとすら思っている辺り、個人的な好みからはズレてきてるんだよな……
読了日:02月05日 著者:kawa.kei
ときときチャンネル 宇宙飲んでみた (創元日本SF叢書)ときときチャンネル 宇宙飲んでみた (創元日本SF叢書)感想
ハードSFガジェットの発明を配信する、みたいな物語。
配信の語り口は面白かったけど、SF要素についてはもう少し嚙み砕いて身近な題材に落とし込んでくれた方が好みではあったかなぁ。
読了日:02月04日 著者:宮澤 伊織
義妹の悪役令嬢とうっかりセックスしてしまったのだが、これってどうなるんだろう? (フランス書院eブックス)義妹の悪役令嬢とうっかりセックスしてしまったのだが、これってどうなるんだろう? (フランス書院eブックス)感想
義妹の悪役令嬢さん、表紙イラストはめっちゃ好きなんだけど、婚約者や父親への態度・スタンスが優柔不断気味でそこは少し好みと違ったかな。
読了日:02月04日 著者:さささのよし
転生先は自作小説の悪役小公爵でした 断罪されたくないので敵対から溺愛に物語を書き換えます (ドラゴンノベルス)転生先は自作小説の悪役小公爵でした 断罪されたくないので敵対から溺愛に物語を書き換えます (ドラゴンノベルス)感想
虐待ヒロインを救う話。
読了日:02月04日 著者:サンボン
愛され天使なクラスメイトが、俺にだけいたずらに微笑む 2 (HJ文庫 み 06-02-02)愛され天使なクラスメイトが、俺にだけいたずらに微笑む 2 (HJ文庫 み 06-02-02)感想
獲物をしとめるハンターの遺伝子。
読了日:02月04日 著者:水口敬文
60 YEARS名馬伝説 上(1994ー2014)―スーパーホースたちの栄光と遺産60 YEARS名馬伝説 上(1994ー2014)―スーパーホースたちの栄光と遺産感想
「1994ー2014」の署名通り、その時代の名馬について戦績・略歴・コラムを併記していくというよく見る構成。この構成だと各コラムの面白さが全てであり良いコラムニストに当たった名馬はラッキーだね、という印象。
発売日が2014年5月ということでジェンティルドンナゴールドシップ等はキャリア途中での記載で、時代を遡っていく構成のため「キャリア途中の名馬が序盤に載っている」「最初に中途半端が来る」形になっているのは少し勿体ない。
ボリューム感はあるし、内容はそれなりだけど高過ぎる本の値段に見合うかは悩ましい。
読了日:02月03日 著者:井崎脩五郎
物語に一切関係ないタイプの強キャラに転生しました (角川スニーカー文庫)物語に一切関係ないタイプの強キャラに転生しました (角川スニーカー文庫)感想
「物語に一切関係ないタイプの強キャラに転生」してひっそりと生きることにした結果、「ゲーム世界のストーリー」から離れたところで本作のストーリーが展開される訳だけど、そのことが物語としての面白さに繋がっていない。
本質的に「目立とうとしないひっそりと生きる社畜生活」って物語としての面白みには欠けるし、何だかんだで「異能力」世界の話に巻き込まれるのであれば、ゲームストーリーに基づいたものであった方がストーリーラインの芯がハッキリしていて読み易いとは思う。
面白さに繋がらない構造になっているのが勿体ないですね。
読了日:02月03日 著者:音々
妹に「穴」を埋めろとお願いされています (フランス書院eブックス)妹に「穴」を埋めろとお願いされています (フランス書院eブックス)感想
作中でロングヘアとして書かれている妹が表紙絵と口絵のイラストではショートボブになっている。幾ら本文イラストが無いレーベルとはいえイラスト指定が雑すぎる。
読了日:02月03日 著者:モコみく
派遣侍女リディは平穏な職場で働きたい 没落した元令嬢、ワケあって侯爵様に直接雇用されましたが、溺愛は契約外です! (電撃の新文芸)派遣侍女リディは平穏な職場で働きたい 没落した元令嬢、ワケあって侯爵様に直接雇用されましたが、溺愛は契約外です! (電撃の新文芸)感想
「地味で目立たずほどほどに手を抜く」のが信条なのはいいと思うんだけど、「能力を隠す」具体的な動機が弱い気がするし、有能設定の割には侯爵に弱みを握られるところとか隙が多い。
もうちょっと上昇志向というか、自分の能力を生かせる仕事は好き、みたいなわかりやすい構図だった方が好みだった気がする。
読了日:02月03日 著者:琴乃葉
悪役令嬢の中の人2 (一迅社ノベルス)悪役令嬢の中の人2 (一迅社ノベルス)感想
1巻に未収録だったWeb掲載の話と1巻でダイジェストだったエピソードの掘り下げを書き下ろして何とかでっちあげたという感じの2巻。
単品としては評価しづらい部分が多かったけど、1巻の内容を補完するという意味では出てくれたこと自体は歓迎したい。
コミカライズがヒットしたから急遽刊行することにしたんだろう、と強く感じさせる内容でしたね。
読了日:02月03日 著者:まきぶろ,紫 真依
どうも、物欲の聖女です2 無双スキル「クリア報酬」で盛大に勘違いされました (ドラゴンノベルス)どうも、物欲の聖女です2 無双スキル「クリア報酬」で盛大に勘違いされました (ドラゴンノベルス)感想
例によって全体的に雑なところは多いけど、変にラブ寄せすることなく、コメディとして勢いで押し切った点だけは評価したい。
読了日:02月02日 著者:ラチム
二周目勇者のやり直しライフ2 ~処刑された勇者(姉)ですが、今度は賢者の弟がいるので余裕です~ (電撃の新文芸)二周目勇者のやり直しライフ2 ~処刑された勇者(姉)ですが、今度は賢者の弟がいるので余裕です~ (電撃の新文芸)感想
やり直し物としての手堅さはあるけど、賢者である弟自身には「前世」の記憶がないため手探り感があって、良くも悪くも展開は遅め。個人的にはもう少し展開が早い方が好きかなぁ。
読了日:02月02日 著者:田尾 典丈
スマホを忘れただけなのにオタクに優しいM奴隷ギャルを手に入れた♪ (フランス書院eブックス)スマホを忘れただけなのにオタクに優しいM奴隷ギャルを手に入れた♪ (フランス書院eブックス)感想
タイトルに「M奴隷」とあるものの、ハードさや鬼畜さは強くなく、基本的には妄想好きギャルがMっ気に目覚めていく流れ。
作者さんが美少女文庫で書いている作家というだけに、美少女文庫的なマイルドな1対1エロといった感じに仕上がっている。
ただ一方でこのレーベルで出しているせいで、本文イラストがなく、ページ数も極端に少ないので単なる美少女文庫の劣化版になってしまってる印象にはなってしまってるかな。
読了日:02月01日 著者:鷹羽 シン

読書メーター

2024年1月の読書まとめ

2024年1月の読書まとめ。読書メーター調べ。
計88冊、1日約2.84冊ペース。
ライトノベル70冊、ジュブナイルポルノ4冊、一般文芸・ミステリ8冊、美術関連書5冊、競馬本1冊。
数自体はそれなりだけど、年始で休みが長かった割には読めなかった印象はある。


1月の読書メーター
読んだ本の数:88
読んだページ数:27038
ナイス数:306

魔物喰らいの冒険者1 (アース・スターノベル)魔物喰らいの冒険者1 (アース・スターノベル)感想
魔物を一回食べただけで確実に魔物のスキルを獲得できるスキルバランスがあまり好みではないかな。
この辺、スキル獲得にランダム性があるだけでだいぶ印象が変わると思うんですけどね。
読了日:01月31日 著者:錬金王
じゃない方聖女と言われたので落ちこぼれ騎士団を最強に育てます 1 (アリアンローズ)じゃない方聖女と言われたので落ちこぼれ騎士団を最強に育てます 1 (アリアンローズ)感想
んー、騎士団の元々の素行があんまり良くないだけで、主人公「マネージャー」としての経験が生かされてる気はしないかなぁ。
読了日:01月30日 著者:シロヒ
少女の望まぬ英雄譚少女の望まぬ英雄譚感想
読む前は主人公のことを「高すぎる戦闘力のせいで周りに怖がられてる少女」的キャラかと思っていたら、普段は甘いもの好きな素朴な少女なのにその実「一般的な倫理観ブレーキが壊れた善良なサイコパス」みたいな強(凶)キャラだった。
そんなピーキーな性能の主人公が、自分を愛してくれる温かな場所を失いながらも、新しい居場所に受け入れてもらい、その生活の中で戦う才能・能力が最も生かされる戦場とニアミスしていく。
主人公の異常性、現実の厳しさ、主人公に寄り添う温かな空気感等緩急取り混ざった空気感が絶妙でしたね。割と好きです。
読了日:01月29日 著者:賽目和七
「膣内射精されないと目覚められない眠り病」が蔓延した世界 隣人妻とコスプレエッチで確定受精 (フランス書院eブックス)「膣内射精されないと目覚められない眠り病」が蔓延した世界 隣人妻とコスプレエッチで確定受精 (フランス書院eブックス)感想
「そういう行為」を社会・人間が受け入れている世界観なので、隣人妻を寝取っていく背徳感はそこまで濃くない。そういう略奪感が好きな人だと一抹の物足りなさはあるかもしれないけど、身近な女の子を次々とマーキングしていくような下卑た快感はあるかな。
読了日:01月28日 著者:生100%
「膣内射精されないと目覚められない眠り病」が蔓延した世界 彼女も妹も200%受精させちゃう日常性活 (フランス書院eブックス)「膣内射精されないと目覚められない眠り病」が蔓延した世界 彼女も妹も200%受精させちゃう日常性活 (フランス書院eブックス)感想
同人誌・同人CG集で見掛けがちな「膣内射精・精液が特効薬」になる世界の話。
「そういう世界」になったことを社会も人間も受け入れてる世界観なので、「他人の女」に手を出す背徳感やNTR感はそこまで濃くないけど、その分気楽なノリで無責任に色んな女の子・血縁にも手を出していくので軽妙に読めるエロさがある。割と好き。
読了日:01月28日 著者:生100%
魔法警察ファンシー☆マリリン 1 ~証拠がなくても即逮捕!~ (オーバーラップ文庫)魔法警察ファンシー☆マリリン 1 ~証拠がなくても即逮捕!~ (オーバーラップ文庫)感想
「推理とか証拠とかすっ飛ばして、魔法の力で犯人がわかる」というアイディアは一見新しく思えるけど、ベストセラー作家が一般文芸(ミステリ)のシリーズ作品で既にやっていることなので斬新さは感じられなかったかな。
本作品の作者がそのシリーズを知っていたかどうかについては議論する気は無いけど、結果的に「後発」のアイディアになってしまったことは勿体なかったと思いますね。
本作はかなりコメディ要素に振っているとはいえ、曲がりなりにもミステリ風作品として考えるとミステリ要素があまりクオリティが高くなかったのも減点材料。
読了日:01月28日 著者:やますやま
最後の英雄に捧ぐ花嫁学園 時を超えし魔法使い、次代の姫と絆を結びハーレムを築く (ファンタジア文庫)最後の英雄に捧ぐ花嫁学園 時を超えし魔法使い、次代の姫と絆を結びハーレムを築く (ファンタジア文庫)感想
英雄が数百年後に復活して学校に入学というパターンの作品。転生だったり、時間凍結だったり、様々な理由付けでの導入で類似の作品はあるだけに、そこまでの斬新さは無い。
ただまあ、主人公の性格に嫌味や押しつけがましさがないから読んでいてそれなりに満足感があった。
読了日:01月28日 著者:御鷹 穂積
俺は星間国家の悪徳領主!⑧ (オーバーラップ文庫)俺は星間国家の悪徳領主!⑧ (オーバーラップ文庫)感想
メス堕ちの瀬戸際を行ったり来たりするクルトさん、予断を許さない。
読了日:01月27日 著者:三嶋与夢
転生令嬢アリステリアは今度こそ自立して楽しく生きる ~街に出てこっそり知識供与を始めました~1 (MFブックス)転生令嬢アリステリアは今度こそ自立して楽しく生きる ~街に出てこっそり知識供与を始めました~1 (MFブックス)感想
婚約破棄からの内政チートもの。個々の要素に特別な斬新さがある訳でもないし、王太子からの冤罪被せ等の強引な面が目立つ者の、「恵まれない環境に置かれた女性のために」という焦点自体は悪くなかったと思いますね。
んー、粗さはあるけど、こういうのが読みたいならいいんじゃないですかね。
読了日:01月27日 著者:野菜ばたけ
佐々木とピーちゃん 8 巡り巡って舞台は学校、みんなで仲良くラブコメ回 ~真実の愛を手にするのは誰だ?~佐々木とピーちゃん 8 巡り巡って舞台は学校、みんなで仲良くラブコメ回 ~真実の愛を手にするのは誰だ?~感想
承認欲求が強いわりに豆腐メンタルの十二式さんには学校生活は向かない。
読了日:01月27日 著者:ぶんころり
ひとりぼっちの異世界攻略 life.13 自称最弱、最弱をやり直す (オーバーラップ文庫)ひとりぼっちの異世界攻略 life.13 自称最弱、最弱をやり直す (オーバーラップ文庫)感想
自称最弱、最弱をやり直す(最も弱いとは言っていない)
読了日:01月27日 著者:五示正司
キモオタモブ傭兵は、身の程を弁(わきま)える 2 (オーバーラップノベルス)キモオタモブ傭兵は、身の程を弁(わきま)える 2 (オーバーラップノベルス)感想
評価も好感度もじっくりと積み上げていてしみじみとは面白いけど、大きく動くエピソードでもなかったので面白さもそれなり。
読了日:01月26日 著者:土竜
片田舎のおっさん、剣聖になる 2 ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~ (SQEXノベル)片田舎のおっさん、剣聖になる 2 ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~ (SQEXノベル)感想
無自覚も度が過ぎるともどかしさになる。
読了日:01月26日 著者:佐賀崎しげる,鍋島テツヒロ
薄幸な公爵令嬢(病弱)に、残りの人生を託されまして 2 前世が筋肉喪女なのに、皇子さまと偽装婚約することになりました!? (ビーズログ文庫)薄幸な公爵令嬢(病弱)に、残りの人生を託されまして 2 前世が筋肉喪女なのに、皇子さまと偽装婚約することになりました!? (ビーズログ文庫)感想
主人公のキャラクターとテンポの良さで(作品の面白さ的な)勝利し続ける作品。
読了日:01月25日 著者:夕鷺 かのう
悪役令嬢に転生した私と悪役王子に転生した俺 (ドラゴンノベルス)悪役令嬢に転生した私と悪役王子に転生した俺 (ドラゴンノベルス)感想
二人の転生者によりすれ違い互恵関係。
読了日:01月24日 著者:秋作
【恋バナ】これはトモダチの話なんだけど ~すぐ真っ赤になる幼馴染の大好きアピールが止まらない~ (電撃文庫)【恋バナ】これはトモダチの話なんだけど ~すぐ真っ赤になる幼馴染の大好きアピールが止まらない~ (電撃文庫)感想
両片想いの擦れ違いラブコメ
この手のラブコメは「擦れ違い過程」を上手く描けていないと「これでお互いに好きなのバレないのは物語の都合でしかないだけだろ」「面倒臭い」展開になりがちだけど、本作はまさしく「面倒臭い」だけの展開になっている印象。途中で飽きてしまったので僕には合いませんでしたね。
他に気になった点として「学校一可愛いと評判の美少女」で「数多の男子から告白されて、それをすべて振り続けている」くらい話題になっているキャラの紹介が「校内には密かなファンが多い」ってなってるの「密かなとは…?」ってなる。
読了日:01月23日 著者:戸塚 陸
元シスター令嬢の身代わりお妃候補生活2 ~神様に無礼な人はこの私が許しません~ (電撃の新文芸)元シスター令嬢の身代わりお妃候補生活2 ~神様に無礼な人はこの私が許しません~ (電撃の新文芸)感想
んー、神様オタク的なムーブが少なくなって、普通の色恋沙汰に悩むフェイズに入ってしまったので正直物足りなさを感じてしまった。
読了日:01月23日 著者:狭山 ひびき
極剣のスラッシュ ~初級スキル極めたら、いつの間にか迷宮都市最強になってたんだが~ (ファンタジア文庫)極剣のスラッシュ ~初級スキル極めたら、いつの間にか迷宮都市最強になってたんだが~ (ファンタジア文庫)感想
パーティーを追放されるところから始まる話だけど、恨みつらみの無い陽性の追放で、当初からあらすじを読んだ時点のイメージぶった切ってきたのは面白味があった。
無自覚無双もの、コメディ展開、ヒロイン要素、更に追放元パーティーの元仲間とのドラマなど一つ一つが積みあがって中々良かったですね。
読了日:01月22日 著者:天然水珈琲
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。3最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。3感想
すっかりロードノベルっぽく。
読了日:01月22日 著者:ほのぼのる500
碧玉の男装香療師は、二 ふしぎな癒やし術で宮廷医官になりました。 (カドカワBOOKS)碧玉の男装香療師は、二 ふしぎな癒やし術で宮廷医官になりました。 (カドカワBOOKS)感想
今巻も「香り」というニッチなモチーフを上手く用いながら、家族愛に帰結させる物語展開が実によかったです。
読了日:01月21日 著者:巻村 螢
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。2最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。2感想
急転直下の犯罪組織壊滅ミッション。
読了日:01月21日 著者:ほのぼのる500
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。感想
随所で細かいディテールの粗さは感じたけど、過酷な境遇に挫けず「生きること」に前向きで誠実な主人公のキャラクターは好き。
読了日:01月21日 著者:ほのぼのる500
最強ランキングがある異世界に生徒たちと集団転移した高校教師の俺、モブから剣聖へと成り上がる2 (ファンタジア文庫)最強ランキングがある異世界に生徒たちと集団転移した高校教師の俺、モブから剣聖へと成り上がる2 (ファンタジア文庫)感想
んー、「生徒を救いに行く」という分かり易い切実さとヒーロー的な盛り上がりがある「攻め」の展開だった1巻に比べて、国家間の中での立ち位置を模索する・逆恨みの相手を迎撃するという「守り」の展開だったのでなんか2巻にして勢いが落ちてしまったかな、という印象がある。
読了日:01月21日 著者:逆霧
巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)感想
買ったまますっかり存在を忘れていたのを本の整理中に見つけたので改めて読んでみました。懐かれる小山内さんという状況には新鮮味があった。
読了日:01月21日 著者:米澤 穂信
2度目の人生、と思ったら、実は3度目だった。~歴史知識と内政努力で不幸な歴史の改変に挑みます~2度目の人生、と思ったら、実は3度目だった。~歴史知識と内政努力で不幸な歴史の改変に挑みます~感想
逆行再生後に「現代日本の前世」を思い出して、前回体験した歴史知識・記憶と現代日本チート知識を使って歴史を改変しようとする話。
「歴史の行き着く先が分かっている」「現代知識を持ち込める」という状況は「物語世界転生もの」と状況が近いので、読み味は近いかな。
まあ、逆行再生・現代日本前世というシチュエーション以外はそこまでの斬新さは無く、「やり直しもの+知識チート」ということから想像される内容と大きくずれることは無い。
まあ、タイトルとあらすじから想像される内容を読みたい人ならいいのでは。
読了日:01月21日 著者:tale4
海渡る北斎 「波の伊八」と19世紀末のインフルエンサー林忠正海渡る北斎 「波の伊八」と19世紀末のインフルエンサー林忠正感想
本書は北斎本人のことよりも神奈川沖浪裏のルーツの可能性がある彫り物、海外に渡って高い評価を得ていく「北斎作品」とそれを取り巻く林忠正などのエピソードが主体となっている。「パリ万博などをきっかけに海外で高く評価された」という一文で済まされがちなだけに、中々クローズアップされない部分に焦点を当てているので興味深く読むことができた。
葛飾北斎個人のことについては他の入門書を読んだ方がいいし、そういう本を読んで基本知識を付けた後に読むべき本で、「葛飾北斎の本」というよりは「葛飾北斎の副読本」としての性格が強い。
読了日:01月20日 著者:神山典士
やさぐれ執事Vtuberとネガティブポンコツ令嬢Vtuberの虚実混在な配信生活やさぐれ執事Vtuberとネガティブポンコツ令嬢Vtuberの虚実混在な配信生活感想
主人公個人のことだけではなく、所属グループRe:BIRTH UNIONのメンバーそれぞれに焦点を当てながら、グループに新人が加入してくるところまでを描いている。
丁寧に各メンバーの描写をしているせいで(おかげで)事務所の解像度が上がった一方で、タイトルにもなっている「ネガティブポンコツ令嬢Vtuber」の出番が食われてしまっていて結果的に主人公との絡みも限定的になってしまっている。
んー、まあ面白いは面白いんだけど、タイトルや表紙絵からイメージされるところまで行かないのは上手くないかな、とは感じましたね。
読了日:01月20日 著者:犬童灰舎
モンスターの肉を食っていたら王位に就いた件 2 (GCN文庫 タ 01-02)モンスターの肉を食っていたら王位に就いた件 2 (GCN文庫 タ 01-02)感想
1巻に引き続き頭のネジが吹っ飛んでいて、エンジン全開でぶっ飛ばしていくテンションが素晴らしい。
読了日:01月20日 著者:駄犬
私の上に浮かぶ『悪役令嬢(破滅する)』って何でしょうか? 2 (ビーズログ文庫)私の上に浮かぶ『悪役令嬢(破滅する)』って何でしょうか? 2 (ビーズログ文庫)感想
1巻同様に転生者じゃないからこそ生まれる「主人公のズレっぷり・勘違いっぷり」は自体は面白いし、主人公のキャラクターは好き。
ただ「ゲーム攻略」的には1巻である程度まとまっていたものを、2巻で「続編突入」としてリセットしてくるパターンはありがちなやり口だけど「1巻での苦労は何だったんだ」という気持ちはなくもない。
読了日:01月19日 著者:ひとまる
義娘が悪役令嬢として破滅することを知ったので、めちゃくちゃ愛します: ~契約結婚で私に関心がなかったはずの公爵様に、気づいたら溺愛されてました~ (ガガガブックスf)義娘が悪役令嬢として破滅することを知ったので、めちゃくちゃ愛します: ~契約結婚で私に関心がなかったはずの公爵様に、気づいたら溺愛されてました~ (ガガガブックスf)感想
義娘との関係性がとても良い。かわいい。タイトルやあらすじから想像していた「読みたいもの」を読めた満足感がある。
読了日:01月19日 著者:shiryu
偽典・演義 ~とある策士の三國志~7 (アース・スターノベル)偽典・演義 ~とある策士の三國志~7 (アース・スターノベル)感想
なるほど、Web版ではここで終わっている訳か……これで終わりだったら不満しかなかっただけに、続きが書かれることには感謝の想いしかない。
読了日:01月17日 著者:仏ょも
放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。 (電撃文庫)放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。 (電撃文庫)感想
無関心な不干渉が、共感による共益関係になり、傷を舐め合いながらもお互いがお互いを大切に思っていく流れがしみじみと良かった。家庭環境にはまだ一波乱も二波乱もありそうなところからのクリフハンガー。次巻も楽しみですね。
読了日:01月17日 著者:左リュウ
英雄様、ワケあり幼妻はいかがですか? (ビーズログ文庫)英雄様、ワケあり幼妻はいかがですか? (ビーズログ文庫)感想
年の差カップル!幼な妻!ベタぼれ!最高!
読了日:01月17日 著者:久川 航璃
もっと知りたいミュシャ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたいミュシャ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
20世紀末頃にオタク業界でミュシャ風イラストが流行った時期があっただけに、作風に馴染みがありながらも意外と本人については知らない存在だったミュシュ。
先日ミュシャ展が開催されてたこともあり知識を整理したくて読んでみた。
当初ミュシャにはポスター絵のイメージが強かったけど、スラブ叙事詩や油彩等の作品もあり、民族的なこだわりや画家としての変遷があったことを感じさせる。
しかしミュシャのグラフィックアート、輪郭線がクッキリ描きこんだ上で人物をデフォルメしてあるので日本の二次元絵ととの相性の良さを感じますね……
読了日:01月17日 著者:千足 伸行
プレイした覚えもないゲーム的な世界に迷い込んだら (Kラノベブックスf)プレイした覚えもないゲーム的な世界に迷い込んだら (Kラノベブックスf)感想
現代ダンジョン世界転生もの。登場人物たちが「子供」らしい幼さと傲慢さと不安定を見せるところが良かったですね。
読了日:01月17日 著者:なるのるな
その婚約者、いらないのでしたらわたしがもらいます! ずたぼろ令息が天下無双の旦那様になりました (ビーズログ文庫)その婚約者、いらないのでしたらわたしがもらいます! ずたぼろ令息が天下無双の旦那様になりました (ビーズログ文庫)感想
仕事的・能力的には有能なのに、「家族愛」に盲目になってしまうパターン、ままある。
読了日:01月16日 著者:氷山 三真
十三歳の誕生日、皇后になりました。9 (ビーズログ文庫)十三歳の誕生日、皇后になりました。9 (ビーズログ文庫)感想
十四歳の誕生日、有益な皇后になりました。
読了日:01月16日 著者:石田 リンネ
また殺されてしまったのですね、探偵様4 (MF文庫J)また殺されてしまったのですね、探偵様4 (MF文庫J)感想
ライトノベルとミステリ、人間とアンドロイドの対比と調和。
読了日:01月15日 著者:てにをは
もっと知りたい藤田嗣治 ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい藤田嗣治 ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
元々好きだった盛期ルネサンスバロックから印象派などに知識を広げていく一環としてエコール・ド・パリに手を付けてみようと考え、その代表的作家として(元)日本人の藤田嗣治を選んでみた。
氏の作品は若いころに観ただけだったのでいまいち良さが分からなかっただけに、乳白色のこと等「どういう点が評価をされて」「どういう点が特徴なのか」が明快に説明されている本シリーズは本当にありがたい。
帰化したことは知っていたけど、それに至るまでの戦争記録画家としての活動や戦争協力者として非難された歴史を知ると哀しくなりますね。
読了日:01月14日 著者:林 洋子,内呂 博之
ターフの女王―最強牝馬コレクションターフの女王―最強牝馬コレクション感想
タイトルと著者名の通り、武豊騎手本人が過去に乗った思い出深い牝馬について書き残した1冊。
焦点を絞って語られる各馬への武騎手の想いが平易かつ明快な文章で仕上げられているので読みやすい。あくまで騎手目線で語られている点がいい。
ただ焦点を絞っている分、一面的な部分以外の輪郭はぼんやりしがちで、シンプルな分ボリューム感は乏しい感は否めないかな、と。そういう面を割り切って読むならいい本だとは思います。
読了日:01月14日 著者:武 豊
今、俺の×××を咥えている清純派女優は、イケメン俳優と熱愛が報じられている 3 (オシリス文庫)今、俺の×××を咥えている清純派女優は、イケメン俳優と熱愛が報じられている 3 (オシリス文庫)感想
2巻で結婚という一区切りがついていただけにまさか出ると思っていなかった3巻。
相変わらず陽キャアクティブエロ娘のヒロインのキャラクターが素晴らしい。エロ楽しかった。
読了日:01月14日 著者:ブリル・バーナード
天才女優の幼馴染と、キスシーンを演じることになった 1 (HJ文庫 あ 14-01-01)天才女優の幼馴染と、キスシーンを演じることになった 1 (HJ文庫 あ 14-01-01)感想
元々役者ものは好きだけど、全編通しての甘さが脳に染み入る。Sweet love is justice.
読了日:01月14日 著者:雨宮むぎ
劇場版 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… (一迅社文庫アイリス)劇場版 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… (一迅社文庫アイリス)感想
映画オリジナルキャラクターだけあって、良くも悪くもとってつけたような設定でインスタント的。
読了日:01月14日 著者:山口 悟,ひだか なみ
迷子になっていた幼女を助けたら、お隣に住む美少女留学生が家に遊びに来るようになった件について 2 (ダッシュエックス文庫)迷子になっていた幼女を助けたら、お隣に住む美少女留学生が家に遊びに来るようになった件について 2 (ダッシュエックス文庫)感想
幼女だ!幼女だ!幼女を持ってこーい!(某音頭感)
読了日:01月14日 著者:ネコクロ,緑川 葉
もっと知りたい歌川広重 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい歌川広重 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
浮世絵の勉強中なので、葛飾北斎と並んで有名な歌川広重にも手を付けてみた。
やはり東海道五十三次のように見覚えのある絵があると興味が強くなる。
浮世絵がグラビアやブロマイドや旅行誌のようなものだとは知ってはいたけど、実際にその特定分野で名を馳せた画家が出てくると解像度も上がる。
勉強になりました。
読了日:01月13日 著者:内藤 正人
探偵倶楽部 (角川文庫)探偵倶楽部 (角川文庫)感想
ミステリとしては小粒だし、「探偵俱楽部」が事件解決装置にしかなっていないので探偵役としての魅力にも欠けている。探偵がここまで無機質な存在であるなら、もう少し「顔が見えない気味の悪さ」が出たほうが個人的な興味をそそったかな。
読了日:01月13日 著者:東野 圭吾
もっと知りたい歌川国芳 改訂版 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい歌川国芳 改訂版 (アート・ビギナーズ・コレクション)感想
改めて浮世絵の勉強をしている最中で、「歌川国芳」ってどこかで聞いた名前だと思っていたら「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」で見掛けた絵師の人か。昨年はお世話になりました。
やはり猫文字の絵が素敵すぎる。
読了日:01月13日 著者:悳 俊彦
止まり木ダイニング 誰かと食べる晩ご飯 (富士見L文庫)止まり木ダイニング 誰かと食べる晩ご飯 (富士見L文庫)感想
序盤のギスギスしたところがある雰囲気は苦手だったけど、生きるのが不器用な主人公がおっかなびっくり「一緒にご飯を食べる」関係を結んでいく流れは悪くなかったですね。
読了日:01月13日 著者:望月くらげ
パラダイム・パラサイト 01パラダイム・パラサイト 01感想
グロテスクな転生ダークファンタジー。主人公の無機質な人間性が特徴でもあり、一面的には弱点でもある。全体的には悪くないけど、好きか嫌いかでいえばそこまで刺さらなかった印象はある。
読了日:01月13日 著者:kawa.kei
転生聖女は推し活がしたい! 虐げられ令嬢ですが推しの王子様から溺愛されています!? (角川ビーンズ文庫)転生聖女は推し活がしたい! 虐げられ令嬢ですが推しの王子様から溺愛されています!? (角川ビーンズ文庫)感想
タイトルの通りのものが与えられるけど、良くも悪くもタイトル以上のものは与えられ無かった感じ。
キャラクターが個人的な好みに合えばよかったんですけどね。
読了日:01月12日 著者:綾束 乙
異世界刀匠の魔剣製作ぐらし 2 (カドカワBOOKS)異世界刀匠の魔剣製作ぐらし 2 (カドカワBOOKS)感想
鍛冶要素は当然のように魅力的なんだけど、王族・貴族・平民の関係性、その中での職人の立ち位置などに味わい深さがある。
読了日:01月12日 著者:荻原 数馬
少年名探偵 虹北恭助の冒険 新装版 (星海社FICTIONS)少年名探偵 虹北恭助の冒険 新装版 (星海社FICTIONS)感想
旧版既読。懐かしさがじわじわと込み上げてくる読書体験でしたね。
是非続巻も復刊してもらって、ジュブナイルミステリの定番シリーズとして子供やミステリ初心者のところに届くことを祈っています。
読了日:01月11日 著者:はやみね かおる
優等生綾香のウラオモテ 文化祭で、バイト先で、いっぱいエッチ! (美少女文庫 2167)優等生綾香のウラオモテ 文化祭で、バイト先で、いっぱいエッチ! (美少女文庫 2167)感想
同人誌や過去作既読。過去作などとストーリーラインが繋がっている訳じゃないからそれぞれの作品が独立したエピソードのような形になっている。「優等生」の正体がバレるようなこともなく、破滅に繋がるようなこともない。
んー、まあ、そこまで面白い訳でもないけど、あまりストーリーやシチュエーションなどに高いものを求めずに「エロ娘・綾香のとある1日のエロエピソード」を雑に読みたいだけならこれはこれで悪くないとは思いますね。
読了日:01月11日 著者:上原 りょう,ひさま くまこ
いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな? (電撃文庫)いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな? (電撃文庫)感想
傷を抱えた少年少女たちの爽やかながらもどこか危なっかしさを感じる関係性がとても良かったですね。
「虐待とまでは行かないまでも噛み合わない親子関係」を描くのが上手い。
読了日:01月10日 著者:コイル
打倒ローマのやり直し ―最強の将ハンニバル、二度目の包囲殲滅陣― 2 (ヒストリアノベルズ)打倒ローマのやり直し ―最強の将ハンニバル、二度目の包囲殲滅陣― 2 (ヒストリアノベルズ)感想
なるほど、大スキピオをそういうキャラ造形をしてくる訳か……自分のイメージとは違ったけど、カルタゴ(ノウァ、ハンニバル)視点だと確かにそういう「怪物的天才」なキャラ造形も成立するわけか。
ローマ視点で語られる書籍に触れてきたせいか、視点によるキャラ造形の癖の違いに面白味は感じましたね。
……ただ、話の区切りは付いていないので、レーベル自体が死んでるため続きが出なさそうなのが残念ですね。いや、まあ「Web版を読む」という選択肢が残っているだけ幸せなのかもしれませんが。
読了日:01月10日 著者:うみ
王立図書館のはりねずみ ひきこもり魔術師と王子の探し物 (角川ビーンズ文庫)王立図書館のはりねずみ ひきこもり魔術師と王子の探し物 (角川ビーンズ文庫)感想
才能を持ちながらも人見知りなどの短所のせいで仕事が上手くいかない主人公が、とある王子との出会いと交流の中で成長していく話。
少し駆け足なところはあったし、物凄く満足度が高いと言う訳でもないけど、「1冊」の範囲ではそれなりによくまとまっている。
それに「はりねずみ」的な主人公のキャラクターが個人的な好みに刺さってるので総合的には割と好き。
読了日:01月09日 著者:雨宮 いろり
ハズレ姫は意外と愛されている?〈上〉 ~前世は孤独な魔女でしたが、二度目の人生はちょっと周りが過保護なようです~ (電撃の新文芸)ハズレ姫は意外と愛されている?〈上〉 ~前世は孤独な魔女でしたが、二度目の人生はちょっと周りが過保護なようです~ (電撃の新文芸)感想
もうちょっと「魔女」要素が生かされるのかと思ったら、「前世由来の大人びた考え方と振る舞い」によって人生が変わる感じだった。
面白いは面白かったんだけど、次巻ではもう少し前世要素が生かされると嬉しいな。
読了日:01月09日 著者:gacchi
昼下がりのペンギン・ビストロ (富士見L文庫)昼下がりのペンギン・ビストロ (富士見L文庫)感想
なんか癖になるペンギンシリーズ3冊目。
今回もほっと一息入れて心が温かくなる内容で満足。定期的に読みたいシリーズなので、今後もコンスタントにペンギンシリーズの新作が出てほしいですね。
読了日:01月09日 著者:横田 アサヒ
ブラコンの姉に実は最強魔法士だとバレた。もう学園で実力を隠せない2 (ファンタジア文庫)ブラコンの姉に実は最強魔法士だとバレた。もう学園で実力を隠せない2 (ファンタジア文庫)感想
ドタバタ感が良いし、シスコン・ブラコン・ラブコメ展開も手堅く、締めるところは締める。安定しててよかった。
読了日:01月08日 著者:楓原 こうた
ただの村人の僕が、三百年前の暴君皇子に転生してしまいました ~前世の知識で暗殺フラグを回避して、穏やかに生き残ります!~ 1 (MFブックス)ただの村人の僕が、三百年前の暴君皇子に転生してしまいました ~前世の知識で暗殺フラグを回避して、穏やかに生き残ります!~ 1 (MFブックス)感想
まだまだ腹の内が読めないキャラも多く、「ヴィルヘルム戦記」とのズレがどこからくるなのかも見えないので、物語としてはプロローグもいいところ。
過去人物転生ものとして手堅い一方で、「前世が村人」という主人公の長所が見えないためキャラ付けも弱く、溺愛してくるヒロイン以外はフックとなる要素に欠けるかな、とは感じました。
今のところは「ヴィルヘルム戦記」の真実が見えてくるところまでは読んでみようかな、という気分ではあります。
読了日:01月08日 著者:サンボン
化け物になろうオンライン ~本日のメインディッシュは勇者一行です~ (アース・スターノベル)化け物になろうオンライン ~本日のメインディッシュは勇者一行です~ (アース・スターノベル)感想
主人公がゲームライフを満喫しているVRMMO作品は好感度が高い。
読了日:01月07日 著者:蒼井茜
僕とケット・シーの魔法学校物語 (GAノベル)僕とケット・シーの魔法学校物語 (GAノベル)感想
人間キリクとケット・シーシャムの兄弟のような関係性がとても良かった。
読了日:01月07日 著者:らる鳥
異世界商人 スキル〈異世界渡航〉を駆使して、悠々自適なお金持ちスローライフを送ります (Mノベルス)異世界商人 スキル〈異世界渡航〉を駆使して、悠々自適なお金持ちスローライフを送ります (Mノベルス)感想
現代人や転移者が異世界・現代を行き来するんじゃなくて、異世界転生者が行き来するのでちょっと目先が変わったものになっている印象。
キャラクターや人間関係などで個人的な好みからズレてるところはあるけど、世界間で行商のようなことをやって他人を驚かせたり喜ばれたりする展開、異世界渡航を使って成り上がっていく、みたいな「こういう作品で読みたいポイント」を抑えているので必要十分の面白さはあるかな。
読了日:01月07日 著者:青葉
珈琲店タレーランの事件簿 8 願いを叶えるマキアート (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 8 願いを叶えるマキアート (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
名前についてロングパス伏線の回収。
読了日:01月06日 著者:岡崎 琢磨
セレストブルーの誓約 市条高校サッカー部 (メディアワークス文庫)セレストブルーの誓約 市条高校サッカー部 (メディアワークス文庫)感想
レッドスワンサーガを読み終わった後に満足してずっと積んでしまっていた本書にようやく手を付けた。
異世界転生要素があるエピソードがあることに苦笑いしつつ、セレストブルーのエピソード自体には満足感がある。
天才が天才として相手のチームを粉砕するというのは身もふたもないけど、現実のサッカーのあれこれに想いを馳せる。
なまじ面白かっただけに、優雅・貴希の物語の先も心から読みたかったですね……
本作の続編じゃなくてもいいので、作者さんにはまたサッカー小説を書いてほしいものですね。お疲れさまでした。
読了日:01月06日 著者:綾崎 隼
Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 08Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 08感想
検証と実践と結果・影響みたいな話中心なのはまだいいんだけど、ストーリーの動きが乏しいことには物足りなさを感じる。
読了日:01月05日 著者:之 貫紀
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(7) (電撃文庫)続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(7) (電撃文庫)感想
一条君、能力的には出来る子のはずなのに相変わらず隙が多い。
読了日:01月05日 著者:佐島 勤
才女のお世話 7 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました (HJ文庫 さ 07-03-07)才女のお世話 7 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました (HJ文庫 さ 07-03-07)感想
主人公が目指すべき姿と方向性が明確になったことで、ストーリーラインに指針が出来て主人公のキャラクター性が深化しており、物語の作り方が上手かった。
読了日:01月05日 著者:坂石遊作
贄の聖女と救済の契り 不良魔法士と綴る二度目の恋 (富士見L文庫)贄の聖女と救済の契り 不良魔法士と綴る二度目の恋 (富士見L文庫)感想
ヘタレ・初心展開に一抹のもどかしさはあったし、細かい不満点が無い訳でもないけど、最後まで読むと綺麗にまとまっていて良かったと思いますね。
読了日:01月05日 著者:村田 天
残念ながら、ハズレ聖女でした ~保育士は幼児や竜の子とともに楽しく暮らす~ (カドカワBOOKS)残念ながら、ハズレ聖女でした ~保育士は幼児や竜の子とともに楽しく暮らす~ (カドカワBOOKS)感想
保育士なら垂涎のスキル過ぎる。
読了日:01月05日 著者:三船 十矢
探偵に推理をさせないでください。最悪の場合、世界が滅びる可能性がございますので。 (MF文庫J)探偵に推理をさせないでください。最悪の場合、世界が滅びる可能性がございますので。 (MF文庫J)感想
探偵は間違わない。世界がそれを望んでいる。
読了日:01月05日 著者:夜方 宵
俺は義妹に嘘をつく ~血の繋がらない妹を俺が引き取ることにした~ (ダッシュエックス文庫)俺は義妹に嘘をつく ~血の繋がらない妹を俺が引き取ることにした~ (ダッシュエックス文庫)感想
家族愛の部分も良かったけど、透明感と切なさ溢れる初恋の描き方がとてもキレイだった。
読了日:01月04日 著者:城野 白
天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記(1) (講談社文庫)天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記(1) (講談社文庫)感想
次々とメタ展開が積み重なっていくに従って、どこまでが現実でどこからが創作なのかの境目が曖昧になっていく酩酊感がとても良かったです。
しかし、出版社を気にしてなかったからてっきり角川書店から出てるものかと思ったら講談社か!
読了日:01月04日 著者:折原 一
マスケットガールズ!~転生参謀と戦列乙女たち~ 3 (PASH!ブックス)マスケットガールズ!~転生参謀と戦列乙女たち~ 3 (PASH!ブックス)感想
こんな表紙にしておきながらリトレイユ公に関するアレコレが巻の途中も途中でアッサリ決着ついてしまって梯子を外された気分になってしまった。「最後」のやり取り自体はちょっとしたエモさもあって嫌いでもないんだけど、「梟雄」の最後としては物足りなさがあったことは確かかなぁ、と。
後はすっかりと「内乱と外圧の中で政治的に立ち回る」話にシフトしてきて、これはこれで面白いんだけど、当初の方向性・タイトルからは割とシフトチェンジした印象は受けるかな。
読了日:01月04日 著者:漂月
【小説33巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身Ⅻ」【小説33巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身Ⅻ」感想
長期シリーズが変に引き延ばされることなく順調に大団円を迎えた時だけに感じられるこの圧倒的満足感。
不満はエピローグが短すぎたことだけですね。短編集かアフターストーリー長編を読みたいけど、今はただただお疲れさまでした。完結おめでとうございます。
読了日:01月04日 著者:香月美夜
日陰魔女は気づかない ~魔法学園に入学した天才妹が、姉はもっとすごいと言いふらしていたなんて~ (角川スニーカー文庫)日陰魔女は気づかない ~魔法学園に入学した天才妹が、姉はもっとすごいと言いふらしていたなんて~ (角川スニーカー文庫)感想
自分の適性の自覚と適材適所の重要性。
読了日:01月04日 著者:相野 仁
名探偵に甘美なる死を名探偵に甘美なる死を感想
現実における最新技術を取り込む先進性、「特殊な状況」を作るために練りこまれた設定、積み重ねたロジックなど、客観的に評価するべきところは沢山あると思うんですが、「自分好みか」「自分に合った内容だったか」と言えば正直not for meに近い内容でした。
"真犯人"がVR内で殺人事件や犯人を強制するやり口が迂遠に感じてしまったし、「VR」という設定は何ができて何ができないかの境目が分かり辛いので推理・ロジックを考える上でのノイズになりやすい。
映像化すれば映えそうな作品だと思いますが僕には合いませんでしたね。
読了日:01月03日 著者:方丈 貴恵
珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
前巻ラストであんなことになったのに青山君の出番は少なく、お預けを食らった気分に。
短編集で様々なテーマ・切り口があるので、それなりに楽しい。ビターな話の後味は珈琲のように苦い。
読了日:01月03日 著者:岡崎 琢磨
TS衛生兵さんの戦場日記TS衛生兵さんの戦場日記感想
戦時に書かれた日記を後世に読むという体で物語が進む。
TS転生した主人公は過酷な線上に衛生兵と派兵されることになるが、その戦場では暴力や死や理不尽が待ち構えていた。
上官からの暴力や横暴に晒されるが、「実は優しさからくる厳しさだった」みたいなこともなく、「癇癪持ちの子供のような横暴さを許された『人殺しと生き残るが上手い英雄』」みたいなキャラクター造形で、過酷な戦場の日々が描かれている。この戦場は―――地獄だ―――
TS主人公だけど、戦場に付き物の性的暴行が出てこないことで最後の一線を守っている感はある。
読了日:01月03日 著者:まさきたま
訳あって、眠らぬ陛下の抱き枕になりました 羊姫は夢の中でも溺愛される (ビーズログ文庫)訳あって、眠らぬ陛下の抱き枕になりました 羊姫は夢の中でも溺愛される (ビーズログ文庫)感想
「主人公のおかげで不眠症が解消されるヒーロー」というニッチそうな題材が何故か沢山出ている業界なので、「抱き枕になる」「不眠症解消して溺愛される」という点では正直新鮮味は乏しい。
ただ内容自体は手堅く、羊のイラストも主人公の振る舞いも可愛かったのでそれなりに満足。
読了日:01月03日 著者:高見 雛
服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~ 3 小冊子付き特装版 (MFブックス)服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~ 3 小冊子付き特装版 (MFブックス)感想
例によって、恋愛偏差値低めなダリアに比べて少女漫画ヒロイン感があるルチアさん。
読了日:01月03日 著者:甘岸久弥
なぜかS級美女達の話題に俺があがる件2 (角川スニーカー文庫)なぜかS級美女達の話題に俺があがる件2 (角川スニーカー文庫)感想
ヒロインと距離を詰める流れや空気感は手堅く好き。
ただ各所での「主人公とヒロインがお互いのことに気付かない」状況にはそろそろ不自然さが漂ってきたような気もする。
読了日:01月02日 著者:脇岡こなつ
底辺おっさん、チート覚醒で異世界楽々ライフ 1 (MFブックス)底辺おっさん、チート覚醒で異世界楽々ライフ 1 (MFブックス)感想
生活がかかっている割に能力の進化に気付くのが遅すぎた感はあるけど、チート能力に目覚めた後の「楽々ライフ」展開はテンポ感がよくてこれはこれでアリですね。
読了日:01月02日 著者:ぎあまん
史上最強の大魔王、村人Aに転生する 7.外なる神のピエロ (ファンタジア文庫)史上最強の大魔王、村人Aに転生する 7.外なる神のピエロ (ファンタジア文庫)感想
超強力なトリックスターキャラを支配して自分の目的のために使おうと思っていたら実力を甘く見たせいで支配に失敗して大ピンチ、という敵側の自爆とも言えるムーブにテンションがた落ち。
読了日:01月02日 著者:下等 妙人
皇帝廟の花嫁探し ~就職試験は毒茶葉とともに~ (メディアワークス文庫)皇帝廟の花嫁探し ~就職試験は毒茶葉とともに~ (メディアワークス文庫)感想
ポジティブ主人公のキャラが良い。
読了日:01月01日 著者:藤乃 早雪
ギャルに優しいオタク君2 (ファミ通文庫)ギャルに優しいオタク君2 (ファミ通文庫)感想
1巻にあった「オタク生活の中で身についた技術を使ってギャルをお助けスパダリ状態!」みたいな展開が面白かったんだけど、そういう「オタク絡みの技術」を使うような場面がほとんど無くなり、単なる「お互いに意識しまくりの2人のじれったいラブコメ」になってしまったという印象。
この作品特有の強みがなくなってしまうと、あとは主役カップルのキャラクター性やラブコメ描写が好きになれるかの勝負になってしまうと思うけど、そういう視点で見ると僕はこの作品のそういう部分に特筆するような魅力は感じられないかな、という感じです。
読了日:01月01日 著者:138ネコ
異世界転生スラム街からの成り上がり ~採取や猟をしてご飯食べてスローライフするんだ~ 2 (MFブックス)異世界転生スラム街からの成り上がり ~採取や猟をしてご飯食べてスローライフするんだ~ 2 (MFブックス)感想
1巻よりも更に順調な成り上がりっぷりに、のんびりしたスローライフ感とハーレム感も出てきてあって中々良い。
読了日:01月01日 著者:滝川 海老郎
バンドをクビにされた僕と推しJKの青春リライト (角川スニーカー文庫)バンドをクビにされた僕と推しJKの青春リライト (角川スニーカー文庫)感想
人生やり直し+音楽バンドもの。
前世知識を生かして人生を良い方に変えていくやり直しものの定番の流れや各人の悩みを解決していくことでバンドメンバーを集めていくバンド物定番の流れは堅く、全体としてはまとまっていてそれなりに面白い。pillowsファンとては刺さるところもある。
ただ、導入での「一人だけバンドをクビになる」流れは理由付けとしてはふんわりし過ぎている気がするかなぁ。更に演奏技術はそれなりで曲作りをする訳でもないという時点で、バンドマンとしての主人公の魅力・強みは弱くなってしまってる気がするかなぁ。
読了日:01月01日 著者:水卜 みう

読書メーター